CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


映画「グエムル-漢江の怪物-」
ソン・ガンホ,ピョン・ヒョボン,パク・ヘイル,ペ・ドゥナ,コ・アソン,イ・ドンホ,イ・ジェウン,ポン・ジュノ
環境が変わって有料チャンネルから遠ざかっているので、映画といえば映画館で観るくらいなのだが、ひさびさに地上波で放映された映画を観た。それがこれ。 いや正解。タダで観るべきだ、これは。

続きを読む >>
| movie at home | 16:20 | comments(0) | trackbacks(2) |
映画「ホテル・ルワンダ」
ドン・チードル,ソフィー・オコネドー,ニック・ノルティ,ホアキン・フェニックス,テリー・ジョージ,ケア・ピアソン
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,689
アフリカが舞台の映画を観るたび思うのは、アフリカの実情についての自分の不勉強さだ。 
こういうことはニュースとして日本のマスコミはちゃんと流しているのか、それとも自分がそれを右から左に受け流してしまっていたのか。 

続きを読む >>
| movie at home | 22:39 | comments(0) | trackbacks(4) |
映画「迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ」
ジェニファー・アニストン,ケビン・コスナー,シャーリー・マクレーン,マーク・ラファロ,リチャード・ジェンキンス,ミーナ・スバーリ,ロブ・ライナー
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,662
なんか変なタイトルだと思うけど。

マリッジブルーの女性が妹の結婚式に出席するために婚約者と帰省。 そこで祖母と今は亡き母親があの映画「卒業」のモデルと知る。 ダスティン・ホフマンの役どころであるプレーボーイの存在を知り、自分の父親かどうかを探るため、本人に会いに行くのだが…。 女三世代が手玉に取られるのか…。

続きを読む >>
| movie at home | 21:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
予定調和にも涙 映画「フラガール」
松雪泰子,豊川悦司,蒼井優,山崎静代,岸部一徳,富司純子,李相日
ハピネット・ピクチャーズ
¥ 2,600
公開時、大評判だったにも係わらず、観に行かなかったのは、観なくてもなんとなく話が見えて、絶対泣かされるだろうなあとわかっていたから。 いまどき「泣かせてくれる」とわかっている映画なんて、落とさずチェックすべきなんだろうけど、なんか話が見えちゃうなあ、なんて思ってやめといた。

続きを読む >>
| movie at home | 22:05 | comments(0) | trackbacks(5) |
映画「夜よ、こんにちは」
マヤ・サンサ,マルコ・ベロッキオ,ルイジ・ロ・カーショ,ロベルト・ヘルリツカ,ピエル・ジョルジョ・ベロッキオ,パオロ・ブリグリア,ジョヴァンニ・カルカーニョ
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,990
1978年のイタリアに実際に起こった事件を、大胆な脚色を交えて映画化したもの。 

「赤い旅団」という過激派のことも知らなかったし、この「モロ氏誘拐事件」も,もちろん何も知らなかった。 しかし十分に楽しめた。 

続きを読む >>
| movie at home | 23:12 | comments(0) | trackbacks(1) |
「旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ 」
アンバー・タンブリン,ケン・クワピス,アレクシス・ブレーデル,アメリカ・フェレーラ,ブレイク・ライヴリー,デリア・エフロン
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,500
公開時、「王様のブランチ」の映画コーナーのLiLiCoがこの映画を紹介した時に、感極まって涙していたのが印象的で、観に行こうと思いつつ、行けなかった映画。 ずっと気になっていたのだ。

生まれる前からずっと一緒に過ごしてきた4人の女の子の親友同士が、16歳の夏を別々に過ごすことになった。  一人は遠いギリシャで祖父母と過ごし、一人はメキシコでのサッカー合宿、一人は離婚して離れて暮らす父親の家へ、そして最後の一人はどこへも行かずアルバイトの日々。 

続きを読む >>
| movie at home | 22:13 | comments(0) | trackbacks(3) |
映画「間宮兄弟」
映画 間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)佐々木蔵之介

友人(♂)に「オタクな男とそうでない男はどちらが好ましいか?」と聞かれた時、私は間髪いれずに「オタク。」と断言した。 アウトドア派なんてもっての他。 もちろん私見ですが。
 
まぁものには程度というものがありますし、巨乳ミニスカのフィギュア集めに没頭している男を彼氏にしたいかと言うとちょっと考えますけど、広い意味でのオタク、つまり何か好きなことがあって、延々薀蓄を語れるような男性のが、何もない男よりはいいかも、ということ。 
それを聞いてきた友人は自称オタクだったので、ちょっと安心したような顔をしてた。
続きを読む >>
| movie at home | 22:29 | comments(0) | trackbacks(3) |
「ミート・ザ・ペアレンツ2 」スペシャル・エディション
ロバート・デ・ニーロ,ジェイ・ローチ,ベン・スティラー,ダスティン・ホフマン,バーブラ・ストライサンド,ブライス・ダナー,テリー・ポロ,ジョン・ハンバーグ,ジム・ハーツフェルド
角川エンタテインメント
¥ 2,993
映画 「ナイトミュージアム」のつながりで観ました。 私は案外、ベン・スティラーが好きなのだ。

このシリーズはしかしベンよりも大物が揃うので、やはりそちらに目が行ってしまう。 一作目もかなり面白かったが、今回さらにベンの両親にダスティン・ホフマンとバーブラ・ストレイザンドが扮し、パワーアップ。 おバカ度もアップした。
やはりロバート・デ・ニーロに対抗するにはこれくらいのキャスティングじゃないとね。

続きを読む >>
| movie at home | 21:24 | comments(0) | trackbacks(2) |
ディック&ジェーン
映画 ジム・キャリーとティア・レオーニが幸せの絶頂から転落して、泥棒稼業に身を落とし、ハチャメチャにやってくれちゃういかにもアメリカンなコメディ映画。 
まあジム・キャリーだから、「ご都合主義でありえなーい」とか「負け組とは?」とか、アタマで考えちゃダメ。 気楽に観てる分には、ただ笑えます。 
1977年の「おかしな泥棒ディック&ジェーン」(こちらはジェーン・フォンダとジョージ・シーガル)のリメイクだそうだが、未見のため、私には「俺たちに明日はない」のパロディに途中ちょっと見えた。 

続きを読む >>
| movie at home | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
映画「SPIRIT/スピリット」
映画 SPIRIT/スピリット」

そもそも格闘技が好きではない。 K−1とか?見る気もしない。 
映画でも、アクションものはあまり興味がない。 昔はそれでもジャッキー・チェンとかも見たけど、CGが駆使されるようになってからは特に、アクションものは素通りしたい気持ち(今でもジャッキーは生身でやってるんでしょうが)。 「グリーンデスティニー」とかなら消されたワイヤーを想像してしまったりするし、どうせなら「少林サッカー」あたりまでぶっ飛んで「ありえねー」と笑わせてもらいたい。

さて本作ですが、格闘技が題材のアクション映画で、公開当時はいかにも私としては近寄りがたかったのだが、あとからどうしても観たい映画になった。
それはV6の岡田くんの主演映画花よりもなほ」のレビューに付けていただいたコメントのなかで、この作品に絡めてコメントして下さった方がいらして、気になったため。 
ちなみにそれはラムの大通りのえいさん。 その節はありがとうございました。
WOWOWでやったのを録画しておいて、やっと鑑賞。

続きを読む >>
| movie at home | 23:23 | comments(2) | trackbacks(2) |