CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 「走れメルス」をTVで観た | main | イタリア映画祭2005「家の鍵」 >>
「黒蜥蜴」をナマで観た
美輪明宏さんの「黒蜥蜴」を観てきました。 あんまりこういう演劇を観た事がないんですけど、これはこれでいいのかしら。 演劇を観て「これでいいの?」なんていう疑問を持つのはどうかと思うんですけど、なんかよくわからないので。
 
母にネダられてチケットを購入したんですけど、結構取れなくて大変だった。それだけ人気だということで、実際満席だった。 ほとんど女性で、若い人も多かった。 最近、美輪さんはテレビによく出ていたので宣伝が効いていたのか。 
 
江戸川乱歩の作品だけあって設定は時代掛かっている。 「宝石商のお嬢さん」とかイマドキない感じ。 でもFAXとか出てきて現代なんだよね? なんかそういう半端な感じがそこここに感じられて落ち着かない。 そのしっくりこない感じは演出にも感じられて、美輪さんの貫禄と、高嶋兄を含めた周りの出演陣が不釣合いな感じが否めない。 あんまり馴染みはないけど、明智探偵のイメージは私はもう少し暗い感じなので、兄はちょっとラテン系入ってて、ちょっと違和感。 他の俳優たちも若すぎなのか、美輪さんに圧倒されてバランスを欠いているような。
 
もうこうなると、演出・美術・衣裳・主演をこなしている美輪さんの一人舞台。 
美輪さんの、美輪さんによる、美輪さんのための舞台。 
だから思ったの、これでいいの?って。
 
とはいえ、私は美輪さんを、いや美輪サマを拝見できて満足でしたけど。

どうなんだろ、本当に一人芝居にしちゃえばいいのに。

4月29日マチネ ル テアトル銀座 3時間40分
| Theatergoing | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/139
この記事に対するトラックバック