CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 「週刊マイドリームドールハウス」 | main | サヨナラ満塁弾 >>
ラブ・アクチュアリー  Love actually
そろそろ終わってしまうかも、と思い観に行って来た。日比谷みゆき座。まだ終わらないみたいだけど。平日昼。結構空いていた。

こういう映画にもの凄く弱い。私は「プリティウーマン」でジュリア・ロバーツが楽しくお買い物してロデオドライブを闊歩しているところでうるうるするようなおかしな人間なので、こういう映画は泣きながら観る。冒頭の方の結婚式のシーンで、コーラス隊が突然現れてラーブラーブ♪とか歌われた日にゃーそれだけで何故か泣けてきてしまうのだ。自分でもわからない。幸せに弱いのかも?<なんだそれ? でも、本当に、いいシーンで泣けてしまう。そして、この映画、そんなイイシーンの連続で、もうハンカチ手放せません、て感じ。特に私が好きなのは男の子の片思いのお話。最後のバンド演奏なんて、もう、号泣に近い。こんな観客、作り手の思うツボだと思うんだけど、それでもいい!私は泣きたいのだ!

ところで、やっぱりヒュー・グラントは素敵です。カワイイです。この映画の宣伝で来日していた頃、夕方のフジテレビのニュースで安藤キャスターが「ヒューの顔の皺が好き(*^_^*)」と言っていた。全く同感ですよ、安藤さん!(そう言う安藤さんが、とてもカワイク見えました) やっぱりこの手のラブコメものでは今や右に出る者は居ないでしょう。いくつになっても、この王道を貫いて欲しい。
そしてあと一人、私の好きな人が出ていて、それはエマ・トンプソン女史。決して美人ではないと思うんですけど(彼女を見ると田中真紀子議員を思い出すのは私だけ?)、存在感というか、上手い、いい女優さんだなーと思う。昔、ニュースステーションにゲストで出たときに偶然みて、ウイットに富んだ受け答えが素晴らしく、ファンになってしまったのです。何しろインタビュー下手の久米さん相手でしたから。まあでも、むこうの俳優さんというのは、平均的に日本人よりそういう人が多いような気もしますね。
で、評価ですが、思い切って五つ星といきたかったところですが、ヒューのお相手の女優がどうしても好みでないので。レニー・ゼルウィガーだったら満点だったのに。いやそれじゃあブリジットジョーンズになっちゃうか。  ☆☆☆☆★

| movie theater | 23:23 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |
mambotaxiさん、こんにちは。
2年以上前のエントリにTBさせていただきました。
私もこの作品、大好きだと大声で叫びたいです。泣きました。ホント、いい映画ですよね。
ではまたお邪魔しに来ます。
| 真紅 | 2006/07/24 1:48 AM |
真紅さん ありがとうございます。
私もこの映画大好きです。
あったかい映画は涙腺が緩みますね。
| mambotaxi | 2006/07/24 8:46 PM |











トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 一年で夜が一番長くなって、でも真冬ほど寒くもなく、街を金色に染めるイルミ ネーションが美しい、輝く12月。そんな英国のクリスマスシーズンを舞台に描かれる 群像劇『ラブ・アクチュアリー』。ずっと観たいと思いつつ機会
| 真紅のthinkingdays | 2006/07/24 1:41 AM |