CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< ジェフリー・ラッシュ名演「ライフ・イズ・コメディ !」 | main | 映画「博士の愛した数式」を観たが… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
母は強し「フライトプラン」
映画 「 フライトプラン 」

飛行機と言う密室空間で子供がバッグごといなくなった。 
乗務員は皆、親をまるで狂言か妄想を言っているかのように扱う。 
どこを探しても見つからないし、搭乗記録もない。 地上に問い合わせたら 「その子は亡くなっている」 と言われたとまでいい、母親を精神疾患のようにセラピストまであてがう。 
さて、あれほど確かなはずの、子の存在が、あやふやなものに変わってしまい、自分で自分が信じられなくなる…。 

絶対「夢オチ」だけは許せないと思っていたので、そうではないとテレビで確約してくれたのを見て、行く気になった。
主演がジョディ・フォスターなのも、観に行こうという気にさせてくれた一因。 年を重ねて、より美しくなった彼女も一見の価値有りと見た。  

お話は、先に書いたけど夢オチとか、もっと不条理な展開でもなく、ちゃんと現実のサスペンスというかミステリーとして成立しているので、よかった。 もちろん、どうよ?と思えなくもないけど、それより、飛行機の中で失踪したことが、一応理論的に成立していたことにまず拍手したい。

展開もけっこうハラハラさせられて、単純に面白い。 ただかなり大げさ。 あの狭い飛行機の通路を、ジョディ・フォスターが全力疾走を繰り返すのだが、スゴイ勢いなので「そこでアクション映画を強調しなくてもいいだろう?」と突っ込まずにはいられない。 なんか過剰なのだ。ジョディはエンジニアなのだし、そんなに動きを強調しなくても、前半は心理サスペンス仕立てにした方が、より楽しめた気もする。 ってか、走るだけなのに、妙に映像が力み過ぎなんだよなあ。

それに、あそこまでいきり立って乗務員に食ってかかると、ちょっと異常者チックで、おかしな人扱いされても仕方ないかなあ…。 
でも母の愛というものは、あれで普通なのかしら。 母親でない私には少し過剰というか異常に見えましたがいかがなものでしょう。

ジョディ・フォスターは、実際に二児の母ということで、娘を探そうとする悲痛な姿は迫真の演技。 ただ「パニックルーム」こういう感じだったと思うけど、子を守る強い母親役というのが身近でやりやすいのかな。 次はちょっと違った役どころもやって欲しい。  

アメリカでは、「フライトアテンダントの描写が冷淡すぎる」 と、彼女らから批判が出たそうだが、ジョディの味方につく人が誰もいない状況で、主人公の孤独な戦いであることは確かに強調されたけど、現実はもう少し協力的と思いたい。

乗客も、誰一人として娘の姿を覚えていないというところが、最初はみんながグルで騙しているのかと思ったら、単純に覚えていないだけだったのが悲しい。 でも現実にはそんなものかも知れないと思ったりした。 
実際に見かけていないか覚えていない無関心派か、それとも、巻き込まれたくないとか、責任を負いたくないとか、長いものに巻かれよ的な気持ちとか、それぞれだとは思うけど、ある意味これって現実を象徴していると言えなくもない。 現実問題として、無関心が犯罪を呼び込むのだ。

丸の内ピカデリー1 映画の日初回 (初回でも座席指定なんだね)
★★★★★
| movie theater | 21:53 | comments(4) | trackbacks(35) |
スポンサーサイト
| - | 21:53 | - | - |
こんにちは♪
TBありがとうございました。
母親の立場から言うと・・・子供がいなくなったら半狂乱になるでしょうね。
ただ、へなへなオロオロになっちゃって、あそこまでの行動力は出ないんじゃないかな〜って思ってしまいました。
| ミチ | 2006/02/02 10:57 PM |
TBありがとうございました。
アクションとしてはとても面白かったかもしれません。でも個人的にはサスペンス調としてカイルの視点ばかりではなく、犯人像もきちんと描いて欲しかったかな。まあ、それなりにドキドキ心臓バクバクで楽しんだので良しとしてますわ。
| charlotte | 2006/02/03 12:39 AM |
こんばんわ〜TBありがとうございました★
うーんさわわもまだ子どもがいないのであの半狂乱振りにはちょっと・・・と思っていたのですが、お子さんがいらっしゃる方の感想では共感されてる方がおおいように思います・・
やっぱり子どもは宝物だからですかね・・?
| さわわ | 2006/02/03 12:41 AM |
>ミチさん コメントありがとうございます。
私が過剰に感じたのもたぶんそこで
実際ああいう状況で、あの「行動力」が、
スゴ過ぎる〜と感じたのでした。
でも気持ちはわかります。

>charlotte さん コメントありがとうございます。
犯人像には私ももの足りなさを感じました。
それと「浅丘ルリ子」が娘をさらって行くシーンを
後から再現映像として映して欲しかったです。
そうでないと、なぜ乗客全員に気づかれなかったかが
未だに納得できません。

>さわわさん コメントありがとうございます。
やっぱり立場によって、感想は二分されそうですね。
立場を越えて共感できる作品ほど
名作と言われるのでしょうか。
| mambotaxi | 2006/02/04 3:14 PM |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/263
この記事に対するトラックバック
飛行機の中で消えた娘、、、探す母親〜! 「パニックルーム」といい、ジョディ・フォスターは娘を守る母親役が多いですねぇ。今度は、息子を守る役なんてどうでしょうか? 前半は、予告編で見たそのままでした。どうして?なんで?娘はいなくなっちゃったの??テロ
| ☆ 163の映画の感想 ☆ | 2006/02/02 10:10 PM |
ジョディー・フォスター主演の飛行機内でのサスペンス・アクション。 先行上映は雪がどっさり降ったのでパスしちゃったので・・・ 公開初日のナイトショウで・・・
| ひらりん的映画ブログ | 2006/02/02 10:20 PM |
高度一万メートルの密室、ひとりの少女・・・。容疑者=425名の乗客。それは、史上最悪の飛行計画(フライトプラン)。   ■監督 ロベルト・シュヴェンケ■脚本 ビリー・レイ■キャスト ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン、ピーター・サースガード、
| 京の昼寝〜♪ | 2006/02/02 10:50 PM |
映画館にて「フライトプラン」★★★ 先行上映にて鑑賞。 ストーリー:事故死した夫の亡骸を乗せた飛行機に、娘のジュリアとともに乗り込んだカイル(ジョディ・フォスター)。その機内で、突如として娘の姿が見えなくなる。必死で探すカイルだが、誰一人として娘の行
| ミチの雑記帳 | 2006/02/02 10:54 PM |
 ジュリア!ジュリアはどこなの!?と、子供への愛情でジュリアン・ムーアと対決する姿勢が剥き出しとなったジョディ・フォスター。  『フォーガットン』のことは文字通り忘れ去ってしまったかと思っていたら、また思い出してしまいました(ほとんどの人が思い出しま
| ネタバレ映画館 | 2006/02/02 11:01 PM |
満足度★★★☆ attention please?ってたぶん一度も言わなかった・・・ 久しぶりのジョディ・フォスター・・老けてた・・・ とそんなどうでもいいことを思いつつ、本日の先行上映行って
| だらだら映画・和日和 | 2006/02/03 12:39 AM |
高度1万メートルの密室、跡形もなく消えた一人の少女… 航空機を題材にしたパニック映画的でもあり、サスペンス調アクション作品。 飛行機というものは密室でもありまた高所の空間による心理的な恐怖心をあおる乗り物で緊張感を生み出す。誰もが何事もなく目的地につけ
| シャーロットの涙 | 2006/02/03 12:42 AM |
出演:ジョディ・フォスター 監督:ロベルト・シュヴェンケ 「フライトプラン」 紛れもなくジョディ・フォスターのための映画だった。 ジャンボ機内で一緒に搭乗したはずの娘がこつ然と姿を消し 「娘はどこ!探すのよ!」と血まなこで食ってかかる母親はあま
| えいがの感想文 | 2006/02/03 2:03 AM |
ジョディ・フォスターの新作映画、 フライト・プランが公開されてますね。 なんだかトレーラー見る限り、ミステリーにもサスペンスにもアクションにも見えちゃいますね。 今気になる映画の一つです。
| 参加型ニュースサイト@NEWZ(アット・ニューズ) | 2006/02/03 5:04 AM |
『フライトプラン』  公式HPはこちら   公式HP(Flash版)はこちら ●あらすじ 事故死した夫の棺を引き取り、ベルリン発の最新鋭ジャンボ機に乗った女性カイル(ジョディ・フォスター)。 一緒に搭乗した筈の娘ジュリアが機内で失踪した。手掛かりも
| 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 | 2006/02/03 9:09 AM |
アメリカ 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター     ピーター・サースガード     ショーン・ビーン     マーリーン・ローストン 夫を突然の事故で亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイルは夫の遺体を 引き取り6歳の娘
| Saturday In The Park | 2006/02/03 10:30 AM |
人を信じる事の大切さが伝わるサスペンス映画。
| Akira's VOICE | 2006/02/03 10:41 AM |
 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」
| ANQ Ritzberry Fields | 2006/02/03 8:24 PM |
予告編を見たときから、あの笑撃作「フォーガットン」まんまの展開!意識してるのかと思うぐらい、これで本当に同じパターンなら、笑えるなぁと思ったので確認のために行ってきました(^^;   【おもいっきしネタバレ】  冒頭の亡き旦那を思い出しながらの散歩や
| the borderland | 2006/02/03 10:22 PM |
彼女は、航空機設計士。そして、一人の母。 高度一万メートル上空で、幼い娘が失踪した・・・。 高度一万メートルの密室、一人の少女・・・ 容疑者=善乗客425名。 それは、史上最悪の飛行計画(フラトプラン) そのとき、最新鋭の旅客機は、
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/02/04 1:02 AM |
その時、最新鋭の旅客機は、史上最悪の《戦場》に変わる―! CAST:ジョディ・フォスター/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 98分 「スタンドアップ」のシャーリーズ・セロンも子供のためにたったひとりでセクハラに立ち向かった。 この映画のジョディ・フォスター
| ひるめし。 | 2006/02/05 1:00 PM |
2006年2月1日(水)1時50分からの回 新宿ジョイシネマ1 ゴウ先生ランキング: B+ 公式サイト:http://www.movies.co.jp/flight-p/flash/index.html
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/02/05 4:27 PM |
予告編効果の高い作品だった。実は、公開週に観賞したのだが、然程インパクトが無かったのと、アフターワークで睡魔との戦いだったので、きちんと評価出来ないと思ったのでレビューを書いていなかったのだが、少し時間があったので記事を挙げておこうと思った。予告だ
| 利用価値のない日々の雑学 | 2006/02/06 10:54 PM |
夫の突然の事故死に見舞われた航空機設計士のカイル(ジョディ・フォスター)は、6歳になる娘のジュリアを連れて、自らが設計した飛行機に搭乗し故郷のニューヨークへと向かう。しかし機内で眠りに着いたカイルが目を覚ますと、隣にいたジュリアの姿が消えていた。カ
| ルーピーQの活動日記 | 2006/02/07 1:30 PM |
なんとなく気になり、観てきました。 サスペンス! 個人的にあまり好きではないサスペンス。 犯人が出てくるまで、結構長かったー。 そして、スッキリとさせてくれないストーリー。 モヤッとボールを投げつけたい!!笑 疑いをかけたアラブ人に、「謝らないのかよ
| Let's enjoy!失業生活!! | 2006/02/07 10:32 PM |
 『パニック・ルーム』にひきつづき、サスペンスがすっかり板についたジョディー・フォスター主演作です。  少し老けた感もしましたが、夫を亡くし
| シネクリシェ | 2006/02/11 6:36 AM |
『フライトプラン』 2005年アメリカ(98分) 監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:ジョディ・フォスター    ピーター・サースガード    ショーン・ビーン    マーリーン・ローストン    エリカ・クリステンセン
| WILD ROAD | 2006/02/14 11:47 PM |
アカデミー賞主演女優賞を2度も受賞してるジョディ・フォスター。 彼女の久々の新作は、旅客機を舞台にしたスリラーだった。 これがまた、なかなか面白い映画だったなぁ。 <STORY> 旅客機の設計士をしているカイル・ブラッド(ジョディ・フォスター)は、ドイツ在住だ
| toe@cinematiclife | 2006/02/15 1:01 AM |
映画「フライトプラン」を観て来ました。 2005年アメリカ(98分) 監督 : ロベルト・シュヴェンケ 脚本 : ピーター・A・ダウリング 、ビリー・レイ 出演 : ジョディ・フォスター / ピーター・サースガード / ショーン・ビーン /
| ブツヨク人 〜 GOのハッピー?!ライフ ブログ 〜 | 2006/02/19 10:27 PM |
2006年 1月公開 監督 ロベルト・シュンケ 出演 ジョディー・フォスター(カイル) ピーター・サースガード(カーソン) ショーン・ビーン(リッチ機長) ~最愛の夫を突然の事故により亡くしたカイル(J・フォスター)。哀しみに打ちひしが
| モルダーの独り言 | 2006/02/22 10:43 PM |
本日は映画の日につき、六本木ヒルズにて「フライトプラン 」、見てきました。 この映画、とにかく話題は天才子役として脚光を浴びてから現在まで、一線で活躍する、ジョディ・フォスターが主演ということ。ただ、アカデミー賞主演女優賞2回受賞の名女優も、どう
| Mumble ★ 全力疾走KENのつぶやき | 2006/03/02 1:56 AM |
「フライトプラン」★★★★ ジョディ・フォスター、ショーン・ビーン主演 ロベルト・シュヴェンケ監督、2005年アメリカ 娘が誘拐され、理由も分からなければ、 親ならジョディ演じる主人公のような 気持ちになるのは分かるのだろうが、 一緒の飛行機には乗りた
| soramove | 2006/03/04 11:15 AM |
今日は以前からCMで気になっていた『フライトプラン』を観てきた。 《私のお気に入り度:★☆☆☆☆》
| しましまシネマライフ! | 2006/05/27 10:32 AM |
フライト・プラン ダ・ビンチ・コード は、キリスト教関係者からのクレーム。こちらは?「客室乗務員協会(AFA)が映画のボイコットを呼びかけた(yahoo)」んですね? いやぁ、ジョディ・フォスター 、迫真の演技でした。フライトプランのオフィシャルサイト でも書
| 猫姫じゃ | 2006/05/31 8:01 PM |
これ、公開時、とても評判が悪かったですね。 ジョディ・フォスターの母娘ものと聞いて、「パニック・ルーム」 の悪夢を思い出したので 映画館には観に行かず。 でもやっぱり観ないと語れない。 DVDで鑑賞。 夫を突然の事故で失い、6歳の娘ジュリアと帰国する
| 映画、言いたい放題! | 2006/06/29 3:27 AM |
story 最新鋭のジャンボ旅客機内でジョディ・フォスター扮するヒロインが、最愛の娘を取り戻すため、全乗員乗客を相手にたった一人で戦いを挑むサスペンス・アクション。監督はドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケ
| 土曜の夜は・・・ | 2006/07/27 2:59 PM |
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本3/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装2/配役3/魅力2/テンポ3/合計29) 『評論』 最近の
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/08/10 1:26 PM |
今日は仕事しかしていない1日(天気は快晴{/kaeru_fine/}) ですから、序文ナシにサクッと映画記事にいきましょう。ネタたまっていますからね{/face_ase2/} 「フライトプラン」 (監督:ロベルト・シュヴェンケ、出演:ジョディ・フォスター、ピーター・サースガー
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2006/08/10 10:49 PM |
あらすじ事故死した夫の亡骸を乗せた飛行機に娘のジュリアとともに乗り込んだカイル(ジョディ・フォスター)。その機内で、突如として娘の姿が見えなくなる。必死で探すカイルだが、誰一人として娘の行方を知る者はいなかった・・。感想客室乗務員協会(AFA)が映画の
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2006/08/15 11:35 PM |
愛する夫を突然亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。
| 取手物語〜取手より愛をこめて | 2006/11/13 9:44 PM |