CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 元のタイトルは「高校野球殺人事件」 | main | WBC優勝おめでとう!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
小林賢太郎 LIVE POTSUNEN「○ maru」
ちょとだけネタばれあり。



ラーメンズのコントをテレビで見れなくなって久しい。
昔はオンバトによく出ていて、ダントツ大好きだったのに。
で、WOWOWやらDVDやらを拾って見るんだけど、そうだ、だったらライブに出向けばいいのだ!と気付いて、でもなかなかチケットが取れず連敗が続き、今回賢太郎さんのソロライブのチケットが運良く取れたので、行って来た。

実はお笑いのライブは初めて。 客層もわからず、勝手もわからず、正直恐る恐るという感じで行った。 7〜8割くらいが若い女性。 私は偶々電話で取れたチケットにしては、とても見やすい位置で、堪能。 スクリーンを使うので、サイドの席の方々はどうだったのでしょうね。

ライブの内容は、ラーメンズとはさすがに違った感じで、あの不条理な世界よりももっとわかりやすく、でも見たこともないような不思議な笑いがあった。 
驚きに満ちていて、ユーモアの中に隠しきれない賢太郎さんの知性が見える。 

しかも 「こんなん出ましたけど」 みたいな、押し付けがましさのない笑いにズルイなーとさえ思う。 「ククククー」 と笑わせられていたのに、いつしか椅子から転げ落ちそうなほど爆笑していた。      

構成は、一人コントあり、パントマイム風あり、手元で小道具を操りそれをスクリーンに映す 「ガジェット」 や言葉遊びの 「アナグラム」、映像を相手に体力勝負に、落語風、と多彩。
 
私は特に、手元を映す 「アナグラム」 は最高に笑ったなあ。 「鼻兎」 を彷彿とさせるイラストはさすがに上手だし、「ガル江」 には笑かしていただきました。

何度も汗を拭う賢太郎さんでしたが、途中突然
「業務連絡〜。 寒い人居ますか? 僕が暑いんで…大丈夫?」 と客席を気遣う。 ステージ上って暑いんですよね。 しかも一人で休む間もなく大熱演だし。 そこまでずっと台本どおりに動きセリフを発していた賢太郎さんの、言ってみればナマの言葉が聞けて、安心したような。 それにその気遣い、嬉しいです。 どんどんクーラーかけたげて〜、と訴えたい気持ちになった。 
で、しばらくしてまたひと言 「もういいです。鼻ススッてるお客さんがいるので」。

いやいやこんな上質のお笑いは4,000円出しても惜しくない。 というか安い!! 
次は是非ラーメンズのチケットをゲットしたいなぁ。 片桐仁氏もドラマや舞台で活躍中ですが、そろそろラーメンズやってね。

@東京グローブ座 3月17日19:00開演 約2時間。
| Theatergoing | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/281
この記事に対するトラックバック