CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 「北欧のスタイリッシュ・デザイン」展 | main | 猟奇的な「僕の彼女を紹介します」 >>
お腹が空く映画「かもめ食堂」
映画 小田さんがプレスで、最近見て面白かった映画として挙げていたのがこれ。 で、フィンランド・デーbackただのマイブーム)に、庭園美術館の展覧会帰りに観てきた。 混雑を予想して、目黒に行く前にちゃんと整理券をゲットしてからだったので、満席だったがいい席に座れた。 (テアトルの上方の席は「2F席」というのを初めて知った)

さて、映画の方ですが、面白かった。 ユルーい感じがきっとウケているんだろうなあ、と納得。 
出演者はみんな素敵だった。 小林聡美さんはもう完璧だったと思うし、片桐はいりさんが演じる普通な人はとてもキュートであることは、新しい発見だった。 もたいさんにいたっては、居るだけですごい…。
 
でも、「バーバー吉野」もそうだが、この監督の映画は「何かが足りない」と私は思ってしまうのだ。

私の想像力が足りないのか?もう少し、「サチエ」を掘り下げてほしかった。
心を閉ざしているような、いないような。 柔軟なような、頑ななような。 サチエのその機微を私は捉えきれなかった。 

どうもサチエを理解出来ないうちに話が進んでしまったからか、落ち着きが悪い。 たぶん、オープンマインドな人、という「サチエ像」を自分勝手につくってしまい、それに合わない部分があって困惑したのだろう。 

かもめ食堂原作 群ようこサチエはいろんなものを「切り捨ててきた」人だと原作の群ようこさんは監督に言ったそうだが、それは映画を観てから、ネットで読んだこと。 そういうサチエの生き方とかが透けて見えてこないのよ。  
この映画に限って言えば、原作を読んでから行けばよかったのかも。 

それとも、場当たり的に、笑いと安らぎだけを求めるべきなのか…。
こういう映画は理屈じゃないんだよ、と誰かに叱られそう。 
たぶんこの監督は、余分な説明はナンセンスと思っているんだろうけど。

それでも光る台詞もある。 
「知っているようで知らないことって意外と多い」(これはミドリ)
「悲しい人はどこにいても悲しい」
「したくないことをしないだけ」
「人はみんな変わっていくもの」
「ひとに作ってもらったご飯はおいしい」
達観しているようなサチエの言葉には薀蓄が感じられた。
「ひとにいれてもらったコーヒーはうまい」というのもありましたが、そういえば、会社の自販機の紙コップ入りのたいして美味しくないコーヒーが、誰かのおごりだったら美味しく感じるなー、って、ちょっと違うけどそんな連想もした。

それにしても、小林聡美さんの佇まいと、手際のよさ、歯切れのよさは憧れだ。 フィンランド語も素晴らしかったじゃないですか、私は知らないけど。 まぁ日本語で押し切るマサコさんも驚異的だったけど。

あと、またデザインの話だけど、サチエの着ているものとか、住まいや店のインテリアやテーブルウェアが、どれをとってもお洒落だ。
思うに、現地フィンランドのものと、日本的なものが巧い具合に融合されているようで、この辺にサチエの人となりが感じられる。 監督のセンスだろうか、とても素敵だった。

それとなんと言っても、食べ物が美味しそう。 私はお腹が鳴ってしまったムニョムニョ 携帯を切っても、お腹のグ〜は止められん…。

爆笑有り、コネタ有りで、十分もとはとったとは思う。
ただ、癒し系映画と巷では言われているようですが、私はほんの少しですが居心地が悪かったかな。 隣の席の人と笑うツボも違っていたのも理由の一つかも。

銀座テアトルシネマ ★★★

   「かもめ食堂」オフィシャルHP
   「フィンランド政府観光局」日本語公式HPの「かもめ食堂」のページ
   All About 『かもめ食堂』荻上直子監督に直撃インタビュー


またまたついでにフィンランドといえばこれ。
ぶた
ぶた
ぶた ふたたび
ぶた ふたたび
| movie theater | 21:15 | comments(0) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 21:15 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/307
この記事に対するトラックバック
[ かもめ食堂 ]@銀座で鑑賞。 スローライフな国、フィンランド。すべてがゆったり、ゆ っくりしている。時間に追われていない。仕事のために走 っている人もみかけない。のどかな国である。 そんな場所で、「かもめ食堂」という小さな食堂をオープン する日
| アロハ坊主の日がな一日 | 2006/05/11 11:46 PM |
この映画、レストランでなくて食堂、なんですけど 出てくる料理の数々におなか空きます。たぶん。。 空腹で行って、静かな映画館で おなかが鳴らないようご注意下さいね! (鼻をすする声じゃなくおなかの音が響きますよ) それと、料理もですが、なにより女優さ
| ○○をアレしちゃいました | 2006/05/15 10:10 AM |
 首都クロムには邦画の感想が少ない。と言うのも、私自身が邦画を見ることが少ないからなのですが、今日は久し振りに邦画体験をしました。  因みに、過去に見た邦画↓  「座頭市」  「Shall we ダンス?」  (以下感想書いておらず)「誰も知らない」「バトル
| 首都クロム | 2006/05/24 11:12 PM |
今日は某雑誌サイトで当選した 『かもめ食堂』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆
| しましまシネマライフ! | 2006/05/25 11:44 AM |
かもめ食堂 監督 : 荻上直子 出演 : 小林聡美 , もたいまさこ , 片桐はいり , ヤルッコ・ニエミ 内容 : 太ったイキモノが好き(笑)なサチエ(小林聡美)はフィンランドのヘルシンキに『かもめ食堂』をオープンさせた。 そこへ、目をつむって世界地図を指差
| 獅子の手帳 | 2006/11/29 9:13 AM |
先日、ようやく、映画「かもめ食堂」を見てきました。 本当は銀座まで映画を見に行きたかったのだけれど、ネットで調べたらいつも満席状態だし、パンフレットも売り切れで買えなかったという人もいたので、思い切ってうちから40分ほどのシネコンへ行って見ました。あ
| 日々の書付 | 2006/11/29 11:35 PM |