CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< オドレイ・トトゥ主演「ロング・エンゲージメント」 | main | 「ナイロビの蜂」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
意外にハードなテーマが「花よりもなほ」
映画 花よりもなほ

「誰も知らない」の是枝監督作品とはいえ、V6の岡田准一くんが出ていなかったら観に行かなかったであろう作品。

岡田准一 改メ 青木宗左衛門元禄時代の貧乏長屋を舞台にした人情時代劇。 
喧嘩も剣術もからっきし弱い青木宗左衛門が父親の仇討ちをしようとする話。

ある意味、群像劇ともいえるほど長屋に住む脇役が個性的で、文字通り役者揃い。 長屋のボロさと住人の汚さは驚くほどだが、それなのにみんな楽しそうで、生き生きしていて、仲間に入りたいほど。
岡田准一 改メ 青木宗左衛門  

しかしなんといってもイイのは岡田くんですよ。 うっとりポッ 美形なのにダメダメなところもツボです。
でも、私は声と喋り方だな、と自分で再確認しながら鑑賞。 張らない時の、ちょっとかすれたささやき声ね。  
演技も自然体で、ヨワ侍にぴったりな華奢で優しい感じがラブラブ
もうこれだけで満足しちゃったというか。

花よりもなほ 原作本でも話はもっと深くて、実は「暴力の連鎖への否定」をテーマに据えてるわけで、重いです。 実際、是枝監督は9・11以降のアメリカの報復行動について意識した、というようなことを発言されてるらしい。 なるほどね。
確かに、どこかで断ち切らないければ、報復というのはメビウスの帯のように永遠に続く。 「仇討ちしない人生」を選ばなければ、恨みはつながるだろう。

(役人を騙すために長屋連中で仕組ん猿芝居の中で、りえちゃん扮するおさえが討たれた仇の妻役だったが、息子に「私たちはもう仇討ちはしないにしようね」というようなことを言っていたが、仇討ちで討たれた者のそのまた仇討ちもあるのか?だとしたら、本当にメビウスの帯だが)

価値観が決まりきっていた時代において、それはファンタジーだが、岡田くんが演じると「アリかも」思ってしまう。
 
しかしそもそもその猿芝居は必要だったのか。 復讐することの無意味さはわかるが、その非道さを引き受けてこその、報酬や名誉回復であるわけだが……コメディだし、そこまで考えてもね、ナンだし。

赤穂浪士の討ち入りを「引退した老人の寝込みを襲ったなんて卑怯」という台詞には目からウロコ。 確かに。 報復の否定とはこういうことか。 こんなこと考えた日本人って、かつて居たのだろうか。


そして次に、ちょっと別のことを考えた。


もし、宗左が剣の達人だったら、どうだったか。

「仇討ちしない人生」を選んだのは、心優しい平和主義者だったからなのか、それとも、単に弱かったから、生きる道として苦肉の策であったか。 

もちろん宗左が繊細で優しい人であることは伝わってきた。 おさえの「仇討ちしない人生」を目の当たりにして、影響も受けた。 
だが、もし強かったら、果たして「暴力の連鎖」を断ち切ることが出来たかどうか。 

強い人は武力を用いて解決してしまいがち。 それが正義として保障されている世の中だとしたらなおさらだ。 
だから強者が信念としてあえて平和的解決を選んだとしたら、その意味は深い。  
弱ければ喧嘩はしたくないのは当たり前。 へっぽこ侍が仇討ちをしなくてはならないというのは新鮮な設定だし、岡田くんもそれを好演したが、残念ながらテーマはややぼやけたような気もする。

強大な軍事力を持つ国が武器を捨ててこそ、本当の意味で報復の連鎖が断ち切れるのだと思うのだが。

レディスデイ昼 空いていた ★★★★

花よりもなほ@映画生活
| movie theater | 22:56 | comments(11) | trackbacks(35) |
スポンサーサイト
| - | 22:56 | - | - |
こんばんは。TBありがとうございました。
岡田君、かっこ良すぎです。笑
報復という事をテーマにおいた作品が結構ありますが、赤穂浪士の仇討ちにかけたところが灯台下暗し。こういうのもありだなと見ていて目からうろこがおちました。
内容は深いですよね。
弱い事は決して「弱い」のではなく、モチに返る事ができる強い心あってこそですね。
| charlotte | 2006/06/09 11:10 PM |
すみません、モチに変える事ができる強い心…です。失礼しました。
| charlotte | 2006/06/09 11:12 PM |
charlotte さん コメントありがとうございます。 ご丁寧な訂正まですみません。

岡田くん!素敵でした。思い出すとデレデレしてしまいます(^^ゞ

そう、●●をモチに変えるんですよね。
喧嘩の強さではなく、心の強さ、という意味では
宗左は強いということですね。
確かに! ちょっと腑に落ちました。 
| mambotaxi | 2006/06/09 11:20 PM |
こんにちは♪
TBありがとうございました。
岡田君のかすれたささやき声よかったですね〜。
オンナはかすれたささやき声に弱いものでございます(爆)
宗左は元から心根が優しかったこと、剣の腕も弱かったこと、おさえと知り合って仇討ちしない人生もあると知ったこと、仇相手の幸せそうな様子、すべてもろもろ混ざり合ってあのような生き方を選んだのでしょうね。
大芝居を打ったのは親戚への顔を立てるため(納得させるため)もあったのでは?
| ミチ | 2006/06/10 7:29 AM |
こんにちは!
TBありがとうございました。

私も実はひそかに岡田君ファンです。
ポイントがたまったから見に行ったなどと
ブログには書いておりますが…。
宗左の雰囲気ある様子にドキドキしていました。

mambotaxiさんのおっしゃる「暴力の連鎖」のお話。ホントそうですよね。
断ち切るには数倍の強さが
必要かと思います。
| shi-zu-ku | 2006/06/10 9:49 AM |
>ミチ さん コメントありがとうございます。

ストーリー上はこれでも一応納得してるんですよ〜。
監督が込めたメッセージについて
考えていたのです。
猿芝居が必要か?という疑問は
「正義」についての疑問で
御家を救うためなのも一応わかってはいるんですけどね(^^)
人を殺めたという事実に対してのご褒美は
殺した後ろめたさ哀しさを感じてこそ
受け取る権利があるのではないか、
という意味でした。
うーん、まだうまく言えてませんね…。

細かいところの疑問に触れてくださって
ありがとうございます〜m(__)m


>shi-zu-ku さん コメントありがとうございます。

やっぱり岡田くんファンですか♪
いいですよね〜。
私はずっと「隠れ」だったので
ここでカミングアウトでした。

「暴力の連鎖」については、武力の強さよりも、
おっしゃるとおり「断ち切るための心の強さ」が必要なんですね。

でもこれは本当に難しくて
「仇討ち」ですから暴力を選ばなくても本人は無事ですが
では本人が命を狙われている状況だったら
果たして平和的解決を選べるかは
また疑問だと思ったりもします。
これは「ヒストリー・オブ・バイオレンス」を見て
思っていたことなんですけど。
映画と映画はどこかでつながってると実感します。


| mambotaxi | 2006/06/10 10:57 AM |
おはようございます。

コメントありがとうございました。
mambotaxiさんが触れてられる
「強者が信念としてあえて平和的解決を選んだとしたら、その意味は深い。」の部分で
ふと思い当たった映画があります。
それはジェット・リーの『SPIRIT/スピリット』。
これも同じテーマなのですが、
感動はより深かったです。
その理由が、いま分かった気がします。
こちらにもTBさせてくださいね。
| えい | 2006/06/10 11:09 AM |
TBありがとうございました。
なぜあだ討ちが認められていたのか・・とう江戸時代特有の時代背景を考えると、この映画のテーマで9・11を批判するより、是枝監督お得意の乾いた現代劇で、渋く批判したほうが伝わるかな。。なんて思ったりして。
やっぱ、この映画じゃ岡田君につい目がいってしまいますもんねぇ。
| sakurai | 2006/06/10 2:36 PM |
> えい さん コメントありがとうございます。

『SPIRIT/スピリット』、残念ながら未見のため
えいさんの記事と公式HPでストーリーなどを読んだところ
公式に「武術作品でありながら、暴力のむなしさをテーマにしている」
とありまして、おっしゃっていることがなんとなくではありますが
わかった気がします。
そして、私の書いたことをえいさんが
わかって下さったんだなーと感謝しています。
機会があったら『SPIRIT/スピリット』を
観てみたいと思いました。
やっぱり映画と映画はつながっているとまた思ってしまいました。


> sakurai さん コメントありがとうございます。

「現代劇で、渋く批判したほうが伝わる」って
私もなんとなく感じ始めていたところでした。
若い人が見たいと思える時代劇は珍しいし
ヨワッチイ武士なんて面白いから
監督の目の付け所は悪くはないんですよね。
でも、「9・11」発言とかを意識して観てしまうと
突っ込みどころも見えてきてしまうというか。

まぁ、岡田くんですべて許します、私♪
| mambotaxi | 2006/06/10 10:05 PM |
 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。
 よろしくお願いします。

 暴力の連鎖を断ち切るという
 強いメッセージ。
 大上段からでなく見せてくれたところが
 私はよかったです。

 岡田クン、よかったですねー。
 自然体で出すぎないのに、
 しっかり存在感のあるところが
 GOODでした。
| miyukichi | 2007/02/12 1:26 PM |
miyukichi さん こちらこそTBとコメント、
ありがとうございました。

腰抜け侍をこれだけカッコよく演じられるのは
岡田くんだけですよね。
素敵でした。
| mambotaxi | 2007/02/12 9:46 PM |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/319
この記事に対するトラックバック
ちょっとリアルでない、日本昔話〜の世界で、300年も前の出来事のようにはどうも見えませんでしたねえ。 どこでもドアを開けたら、そこは長屋だったという印象…笑 カッコいいヒーローでなく弱くて逃げ足が速い普通の人を取り巻く、臭くて可笑しくて、ちょっとほろりの
| シャーロットの涙 | 2006/06/09 11:05 PM |
ケルトミュージックのような旋律の主題曲が、観る前も観た後も頭の中に鳴り響いてます(笑)。時代劇なのにとってもほのぼのとして、これってもしかしてスローライフムービー?なんて思っちゃうくらい、のんびりとした時間の流れがとってもいい感じでした。 +++ちょい
| カノンな日々 | 2006/06/09 11:08 PM |
? ľ??? mig??Τ褦?ä??Τ?å礭?ä? ????????ή?()(?Τǵ?) ????ε??η????η??¿???Τ?? ?Ū??礦Τ??ĥ?ä褦??? ??ä?????????Ф?äΤ???? ?餫?п?Τλ? ??Ū??????????¿???Υ? ???????????Τ?ä? ????Ū???? ???Ľ??ä?? ????
| ?? | 2006/06/09 11:16 PM |
MOVIXのポイントがたまっていたので、 ヨガの帰りに‘誰も知らない’の是枝監督の新しい映画 ‘花よりもなほ’を鑑賞してきました。 印象的だったのは、どのキャラクターも満遍なく 情がわいてくる。決定的な悪い人と善い人と ありがちな描かれ方ではなくて、
| Kirei no Shizuku* | 2006/06/09 11:44 PM |
「花よりもなほ」オープニング興収は5180万円。岡田准一前作「フライ,ダディ,
| 映画コンサルタント日記 | 2006/06/10 1:52 AM |
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡田准
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/06/10 1:59 AM |
映画館にて「花よりもなほ」 是枝監督最新作は時代劇。 元禄15年、仇討ちに藩が賞金を出していた時代の話。父の仇を討つために貧乏長屋に住み着いた田舎侍・青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちの顛末を描く。 この貧乏長屋がありえないほど汚くて匂ってきそうなほど。
| ミチの雑記帳 | 2006/06/10 7:20 AM |
日本の過去から届いた「戦わない強い意志」 ちゃんと受け取りました。
| Akira's VOICE | 2006/06/10 9:49 AM |
てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ〜!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/06/10 9:49 AM |
是枝裕和が時代劇を撮ってしかもそれがエンターテイメント作品だなんて、思いもよらなかった。浅野忠信、遠藤憲一、寺島進、夏川結衣、平泉成など是枝組おなじみのメンバーが脇を固める。加えて古田新太、千原靖史、上島竜兵、中村嘉葎雄など各界から役者を揃え、群像劇
| ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2006/06/10 10:54 AM |
ストーリー: 仇討ちに藩が賞金を出していた元禄十五年に、田舎侍の宗左衛門(岡田准一)は、父の仇討ちのために江戸に出てくる。しかし、剣の腕がからきし立たない宗左衛門は、貧しいながらも人情味あふれる長屋で暮らす間に、仇討ちをしない人生もあることに気づかさ
| 小生の映画日記 | 2006/06/10 11:04 AM |
----これは『誰も知らない」で 一躍時の人となった是枝裕和監督の新作。 時代劇と言うことでまたまた注目を集めているんだよね。 もうできあがっていたんだ。 でもこのタイトルどういう意味? 「『忠臣蔵』のお話は知っているよね。 これは、その中で浅野内匠頭が読んだ
| ラムの大通り | 2006/06/10 11:06 AM |
----この映画、ジェット・リーが、 なんだかスゴく懐かしい格好しているよね? 「うん。彼の代表作の一つ 黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)に扮した 『ワンチャイ』シリーズを思い起こさせるよね。 内容も『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地覇王」を 思
| ラムの大通り | 2006/06/10 11:07 AM |
花よりもなほ 是枝 裕和 角川書店 2006-06-0 by G-Tools  具体的にいつの時代の話なのかも知らず、前評判もいっさい聞かず、さらには主演二人以外の共演者が誰なのかも調べず、ただ単純に岡田准一と宮沢りえが好きだ!という理由だけで観てきました。監督が是
| にわうたぶろぐ | 2006/06/10 11:12 AM |
時は元禄十四(1701)年。江戸の中期は、将軍五代綱吉の時代である。信州松本藩士、青木宗左衛門は父の仇を追って、花のお江戸に来ていた。『チャーリーとチョコレート工場』を彷彿させるようなボロ長屋に住んで、貧乏を絵に描いたような長屋の連中と日々を暮らして
| 迷宮映画館 | 2006/06/10 2:31 PM |
『誰も知らない』の是枝監督が時代劇を撮りました! しかも主演は岡田君&宮沢りえってことで話題の1本。6月3日公開の『花よりもなほ』。 『花よりもなほ』オフィシャルサイト 青木宗左衛門(岡田准一)は、父の敵を討つために江戸の長屋に身を潜める。が、この男
| APRIL FOOLS | 2006/06/10 5:16 PM |
実は映画が始まった序盤、 あ、なんかこの世界感だいじょうぶかな〜、 ついていけるかな〜、、なんて危惧しちゃいましたが、 なんのなんの!! そんな心配した序盤がうそのようにドップリはまり、 とても楽しめました(^▽^)
| しんのすけの イッツマイライフ | 2006/06/10 8:02 PM |
久々映画レビュー。今回鑑賞した作品は、岡田准一主演「はなよりもなほ」。「誰もしらない」の是枝監督最新作のその名も仇討ちエンターテイメントです。仇討ちというだけに時代劇だったんですが、是枝監督の脚本スゲーと思うしかなかった作品でございました。 早速、
| Wings of Freedom | 2006/06/10 9:43 PM |
「花よりもなほ」 「誰も知らない」の是枝裕和監督が時代劇に初挑戦した作品。 父の仇を討つために東京・深川の貧乏長屋に暮らす青木宗左衛門(岡田准一)。 人情味溢れる長屋で暮らすうちに“仇討ちしない人生”について考え始める。 青木宗左衛門と赤穂浪士の仇
| わたしの見た(モノ) | 2006/06/10 11:49 PM |
強いばかりが侍ではないやさしくなければ 侍にはなれない   ■監督・原案・脚本 是枝裕和■キャスト 岡田准一、宮沢りえ、古田新太、加瀬 亮、香川照之、木村祐一、千原靖史、上島良平、浅野忠信、國村準、中村嘉葎雄、原田芳雄、石橋蓮司、寺島進□オフィシ
| 京の昼寝〜♪ | 2006/06/11 12:23 AM |
風さそふ 花よりだんご 何処吹く風   まずは、おりょう(夏川結衣)の登場場面からね。おりょうは、長屋の大家である伊勢勘(國村隼)が大枚はたいて身請けした後家さんなんだ。しかも、そっかあ、家賃も払わず、長屋の空き部屋に勝手に住んでいるそで吉(加瀬亮)
| 空想俳人日記 | 2006/06/11 8:12 AM |
【新宿ジョイシネマ】 時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。そんな中、父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた若者、
| CINEMANIAX! | 2006/06/11 3:29 PM |
時は太平、元禄の世。 お犬様が持てはやされ…、ポツリを呟かれる、「俺たち人間も生き物なんだけど…。」 そんな時代を生きる人々の小さいな希望と、過ぎ行く日常を淡々とした描写で見せきった作品「花よりもなほ」 その時代に住む人々の小さな変化や、日常にスポット
| Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ | 2006/06/11 8:59 PM |
配役ですでに鑑賞決定(笑) だって、宮沢りえに岡田准一・・・好きなんだなぁ〜 (面食いなんだもーーん(爆) 時代劇って、はまるか、はまらないか・・・すっごく微妙なときがあるんだけど この作品は、感覚的には、はまり!です。 でもね、ちょっと尺が長めなの
| 黒猫のうたた寝 | 2006/06/12 12:08 AM |
「花よりもなほ」ル・テアトル銀座で鑑賞 是枝監督のオリジナル脚本で描かれた時代劇。今回は限りなくネタバレ。父の仇討ちに執念を持つ若武士が江戸貧乏長屋で暮らすうちにそこで暮らす人々との交流の末、仇討ちにどういう意味があるのかを悟っていく。登場人物が多
| てんびんthe LIFE | 2006/06/12 11:12 AM |
 公式サイト 映画 『 花よりもなほ 』 [試写会鑑賞] 2005年:日本   【6月3日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:是枝裕和 脚 本:是枝裕和 原 案:是枝裕和 [ キャスト ] 岡田准一 宮沢りえ 古田新太 國村準 中村
| やっぱり邦画好き… | 2006/06/13 3:29 AM |
花よりもなほ監督:是枝裕和出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/國村準/中村嘉葎雄/浅野忠信/他父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏...
| マボロシログ | 2006/06/14 8:14 PM |
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、國村準、中村嘉葎雄、浅野忠信、原田芳雄、香川照之、田畑智子、上島竜平、千原靖史、木村祐一、加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、夏川結衣、寺島進、石橋蓮司、あだ討ちは必ずしも「恨みを晴らす」行為ではない。米を作
| 再出発日記 | 2006/06/16 9:45 AM |
あだ討ちのため松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)。 長屋に住む風変わりな連中と親しくなり、父の仇の素顔を知った彼が 決めたのは・・。2006年、是枝裕和監督、脚本、編集の秀作。 ”弱い侍”が”侍の後家”(宮沢りえ)の心境を知り、 あだ討ちの
| パフィンの生態 | 2006/06/18 4:44 PM |
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程を見て
|   | 2006/06/25 2:15 PM |
『花よりもなほ』 剣の腕はからきしダメだが、逃げ足の速さは天下一品。この映画はそんな“へっぴり侍”青木宗左衛門(岡田准一)の仇討ちをテーマにした新感覚の時代劇です。全体を通して観ると決して派手な作りではなくハラハラドキドキもしません。しかし“糞を餅に
| Tokyo Bay Side | 2006/07/29 10:01 AM |
 映画(DVD)「花よりもなほ」         (是枝裕和:監督・脚本・原案)    岡田准一クン主演の時代モノって以外、  内容についての予備知識はほぼない状態でした。  だから、観る前は、タイトルの感じから、  しっとりした物語なのかとイメージしてい
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/02/10 9:16 PM |
劇場公開時、ぎりぎりまで考えて、結局見損ねた作品。 だって坑兇世掘ΑΑΨ歐佑安っちいし・・・。 DVDも新作価格から落ちてきたし、見てみることに。
| ひらりん的映画ブログ | 2007/03/18 11:03 PM |
花よりもなほはWOWOWでして24日に鑑賞したが 結論は思ったよりコメディー色が強くて面白かったよ 内容は父の敵討ちに松本から江戸に来た主人公の侍が 長屋の人達と交流し敵討するの悩み辞める展開だね 主演が岡田准一で少し頼りなくも優しい感じで似合っ
| 別館ヒガシ日記 | 2009/01/29 7:35 PM |
 本日、サンフレッチェ広島はクラブW杯でアフリカ代表のアルアハリと対戦します。今晩は、テレビの前で応援したいと思います。では、本日紹介する作品はこちらになります。
| こんな映画観たよ!-あらすじと感想- | 2012/12/09 6:17 PM |