CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 小曽根真&塩谷哲 「DUET」ライブ | main | 東野圭吾「手紙」 >>
試写会「プラダを着た悪魔」
映画 「プラダを着た悪魔」
これは絶対に面白いに決まってる!と観る前から決め付けて、早く観たくて試写会応募しまくったら、配給側も力を入れているのか、当選しやすかったようで、挙句の果てにウチの郵便受けにチラシのように投げ入れられていました、試写会状。 で日にちを選んで、一ツ橋ホールにて鑑賞。

なぜそこまで面白いと信じたかというと 「Sex and The City」 のデヴィッド・フランケルプ監督と、かのスタイリスト、パトリシア・フィールドが手がけた作品だから。 アイラブキャリーの私としては、見ないわけにはいかないのだ。

プラダを着た悪魔 原作ジャーナリスト志望のアンドレア(アンディ)は、美人だけど超ダサい。 志望の職の足がかりとして彼女が応募して採用されてしまったのが、世界中の女性の憧れの職場である一流ファッション誌「ランウェイ」の編集長秘書。 その編集長ミランダは、カリスマと崇められていたが、人使いの荒さも超一流だった…!!


ネタバレアリ
プリティ・ウーマン 特別版アンディ役のアン・ハサウェイが、とにかく魅力的。 例えて言うならあの 「プリティ・ウーマン」 (プリティプリンセスじゃないよ) のジュリア・ロバーツを思い起こさせる。 もちろんこちらは娼婦じゃなくて優秀なキャリアウーマンだけど。 でも最初の垢抜けない服装からどんどんオシャレになっていくところは、ジュリア・ロバーツがロデオドライブで買い物してどんどん垢抜けていく場面を思い出した。 そしてワクワクした。 

アン・ハサウェイはどんなにダサくしてももともとの可愛さは隠し切れないけど、それでも、なんでもない、ごく普通のセーターから、ブランド物のスーツや、オシャレな化粧になって、飛び切り美人になっていくところは、もうそれだけで楽しい。 
どんなにダサくても美人は美人だけど、お洒落をすると何ものも敵わない。

しかしこの映画、ただのオシャレな映画では終わらない。 
働く女性なら見る価値アリ、なのはここからだ。


アンディ  画像はこちらからカリスマ編集長のヤリテぶりは圧巻だが、でも、負けずにアンディもスゴイのだ。 「出来る人、出世する人ってこうだよなあ」と思うのは、相手(この場合は上司)の意向を先読みして先回りして仕事をこなすってこと。
 
発売前の『ハリポタ』の原稿を手に入れたら、「入手しましたっ」 じゃなくて、双子ちゃんのために2部作って渡しておく。予備をつくっておく。発売前だから目立たないように体裁を整えておく。 こんな感じ。 言われたことだけやっておけばいいと思ったら、大間違い。 そしてそのちょっとの差が結局のところ大きな差になって返ってくるんだよね。 受身でいては、キャリアはアップしないってこと。
 

そして一番アンディが素晴らしいのは 「こんなに頑張っているのに、認めてもらえない」 とグチグチ言ってるだけじゃなくて、そこから一線を越えて、自分から
自分を変えたこと
私なんかつい 「自分なりに頑張っている」 で満足しちゃう。 でもそれじゃあダメなんだな〜。 わかってるんだけど、なかなか出来ないのだ。 
 
しかし悲しいかな、彼氏はそんなアンディを理解してくれない。 「僕の知ってるキミじゃない」みたいなことになって…。働きマン  (3) 安野 モヨコ

いやぁ、これってまさに「働きマン」でしょう。
 
働く女性は多かれ少なかれ、みんなこんな状況に陥るときがあるのでは。 
男だったらどんなに働いても賞賛されるけど、女は非難されるということだ。 アメリカでさえそうなら、日本じゃまだまだ無理だな、真の平等。 
というか、基本、ビジネスが男社会で成立している限り、デキル女は男の嫉妬の対象になるしかないのかも知れない。 そして刷り込みによって、アンディの彼氏みたいにサラリーマンでない男も、キャリア女性を理解しがたいのだろう。 

しかし、「悪魔」 呼ばわりのミランダも弱音を吐きつつ、やはり冷酷な采配ぶりを最後まで貫き通す。 この強さも憧れだ。 
そしてアンディの選択も。 皮肉にもミランダが 「相手の意向を越えて、自分のために選択できる」 と言ったとおり、アンディ本人にとって、まさに一番正しい選択をした。
 
がむしゃらになっている時や、組織の一員であることを大事に思う時、自分の主義や倫理観を見失ってしまいがち。 しかし、改めて目標を見据え、自分のあるべき姿を思い描くことで、自分にとって正しい選択が出来るということだろう。 
企業ぐるみで不正を働いているようなオジサンたちにも見せたい映画だ。

アン・ハサウェイの可愛さはいうことナシだけど、私が注目したのはミランダを演じたメリル・ストリープ。 さすが貫禄の演技で、口癖の 「That's all」 の冷ややかさは背筋がゾクっとするほど。 
ミランダ 画像はこちらから実在の 「ヴォーグ」 編集長がモデルと言われているそうですけど、本当に悪魔的に偉そうで、でも実際デキル女はこうでなくてはと思わされる。 
ファッションも、スタイリストが 「メリルをかつてないほど輝かせるのが私のゴールの一つだった」 と語っているほど、ゴージャス。 
実際、ライス国務長官みたいな「キャリア」と「ファッション」を完璧に両立している人は憧れる。 もちろん、足元にも及ばないけど…。
 
見終わって俄然オシャレがしたくなった。 
そして信じられないことに、「仕事もしたいかも」と、試写会場の席に着くまえとは正反対のこともまた考えていたのでした。

★★★★★

プラダを着た悪魔@映画生活
| movie theater | 15:19 | comments(11) | trackbacks(52) |
スポンサーサイト
| - | 15:19 | - | - |
すっごく面白いレビューですね!
読みながら「そうそう!」って頷いちゃいました。
メリルが、本当に最高でしたよね!

私も拙い文章で感想書いてみたので、トラバさせて頂きましたので、良かったら遊びに来て下さい(^^)
| 優衣 | 2006/11/15 2:32 AM |
試写会当たったんですか!私も応募したのにあたりませんでした(´へ`;)もっと沢山応募すれば良かったです↓↓試写会行けたのすっごく羨ましいです。。。私も早く見たいです〜♪♪
| ララ | 2006/11/15 6:41 PM |
>優衣 さん
TBとコメント ありがとうございます。
メリル、本当によかったと思います。
静かにキツいことを堂々と言うところが
コワくて好きです♪
TBさせていただきました。
優衣さんのレビューもすっごく面白かったです。
「女子力低下」に激しく同意しました(笑)


>ララ さん
コメント、ありがとうございます。
実は行った試写会以外にも2回分当たりまして
幸運使い果たしましたね、私…。
今週末から公開ですね。是非楽しんでください。
よかったら感想を聞かせて下さいね〜。
| mambotaxi | 2006/11/15 9:16 PM |
私の所までTB&コメントして頂いて、ありがとうございます!嬉しいです!

期待したラストはですね…ズバリ突っ走って欲しかったんですよwww
「あんなに頑張ってるのに理解の無い彼氏なんかいらないよー!」
「戻ったところで、また忙しくなったら機嫌悪くなるじゃん(>_<)」
「そっちに才能あったってことで、新たな夢として突っ走ってくれー!」
と、心の中で叫んでました(^^;

でも最初の夢を見失わず、自分らしさ・自分のための選択をした。
mambotaxiさんの言う通り、
> 本人にとって、まさに一番正しい選択をした。
というラストに、やっぱり納得です。
このラストだから、単なるガールズムービーじゃない、考えさせられる作品になったんですよね。

プリティシリーズのような典型的なストーリーが大好物なので、多少違和感はあったものの、観終わった後も色々考えて楽しめる、素敵な作品で大好きになりました。

おっと…つい長くなってしまいスミマセン(汗)
また遊びに来ます!
これからも映画の感想など、楽しみにしてますね♪
| 優衣 | 2006/11/15 10:45 PM |
優衣さん 早速リクエストに応えて下さって
ありがとうございます!

ご意見を読んで、突っ走るのもよかったかも!って思いました。
特にあの「理解のない彼氏」!!
あれは捨ててもよかったと私も思ってました。
だって、「誠実に仕事してない」とか言ったんですよね。
酷いです、ホントに。
たぶんこの後は遠距離ですし、
あの程度で信じてくれないなら、ダメになるかも…?

ではでは今後もよろしくお願いします。
| mambotaxi | 2006/11/15 11:25 PM |
こんにちは♪
私もとても楽しみにしていた一本です。
試写会は外れてしまったので初日に見てきました。
ミランダのキャラが強烈でしたね〜。
「That's all」を言われるとぐうの音もでないんですよね。
『働きマン』も読んでいますが、男性と平等に働くということ、男性に認めてもらうということ、恋との両立などなど女性にはまだたくさんの苦難があるんですよね。
| ミチ | 2006/11/18 11:55 PM |
ミチ さん コメントありがとうございます。

働きマンは3巻で別れちゃったんですよね〜。
頑張る女を広い心で見守ってくれるような
ドラマ「チャングム」のミンジョンホさまのような人が
働く女の相手としては理想です♪
| mambotaxi | 2006/11/19 10:32 PM |
こんばんは。
この映画はアン・ハサウェイのいいとこを
充分に引き出した映画でしたね。
ただの可愛い女の子だったのに
こんなに貫禄のある演技をするんだって
感心しました。もちろん脇にメリル・
ストリープのようなベテランがいたから
だろうけど、すごく良かったです。
私もお洒落や仕事頑張らなきゃ!
って元気付けられましたよ。
| ALICE | 2006/11/23 10:19 PM |
ALICE さん コメントありがとうございます。

本当にアン・ハサウェイがバッチリ適役でしたね〜。
可愛いだけでなく、生き生きと一生懸命に仕事に取り組む
駆け出しの社会人を等身大で演じてみせてくれて
共感を持って観ることができました。
あの大きな目と口に時々吸い込まれそうになりましたが…。
| mambotaxi | 2006/11/23 10:45 PM |
mambotaxiさま、こんにちは。TBさせていただきました。
すっごくよかった映画なんですけど、アンディが彼とよりを戻すのだけは納得いきませんです・・。
なんか、とって付けたようで。絶対別れると思う、あの二人(断言)。
女にはガラスの天井があるって言いますよね。ミランダくらい冷酷にならなきゃ昇れませんよね。
たとえ血だらけになっても、ガラスを突き破りそうなミランダが好きです。
私もおしゃれしたいな〜と思いました。でもヒールは履けません。。
ではでは。また来ます。
| 真紅 | 2006/12/13 10:20 PM |
真紅さん ごぶさたです。
TBとコメントありがとうございました。
そちらにも書かせていただきましたが
TB不能のためお返しできなかったのです。
お許しくださいませ。

さて、私も彼氏とは別れることになるのでは?と
感じておりましたよ〜。

そしてミランダですね!! 圧巻です。
しかし、ガラスの天井を突き破るとしても
血だらけになるのは自分一人ではなく
ナイジェルという右腕までも傷つけたわけですよね。
組織の中でのし上がっていくには
長年の相棒さえも裏切らなくてはならないなんて
ちょっと悲しいですね…。
| mambotaxi | 2006/12/13 10:47 PM |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/372
この記事に対するトラックバック
「プラダを着た悪魔」パナソニックセンター有明 東京スタジオで鑑賞 女性限定試写会。何故限定なのかは不明。特別どうのと言う試写会でも無かった。羽田着が10:40だったので誰かが車で迎えに来てくれれば間に合うけれども、大きな2つの荷物を地下鉄乗り継いで帰る
| てんびんthe LIFE | 2006/11/11 4:08 PM |
女の子大好き系映画♪ すっかり悪魔に魅せられてしまった。 オープニングからドキドキワクワク♪ 自分もどんどん着替えて気合が入って戦闘態勢になっていくような気分。 だってさー、オシャレが嫌いとか興味ないなんてことないもーんw
| 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α | 2006/11/11 4:49 PM |
ジャンル問わず女性誌がこぞって特集中。ガールズ&レディスは必見『プラダを着た悪魔』11月18日公開。新卒アンディちゃんはジャーナリスト志望。縁あってNYの最高峰ハイファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダのアシスタントになるけど、あんたダサすぎ!と
| APRIL FOOLS | 2006/11/11 6:07 PM |
プラダを着た悪魔 試写会@ヤマハホール 「何百万人が憧れる仕事よ」 予告を観た時から楽しみにしていた作品です。 音楽もKT Tunstallの「Suddenly I See」、MADONNAの「Jump」をはじめワクワクさせてくれ、ミランダ(メリル・ストリープ)の悪魔っぷりもアンデ
| 駒吉の日記 | 2006/11/13 6:10 PM |
本日おすすめの映画は、"プラダを着た悪魔"です。この映画は、仕事をしている女性にとってはとっても見ごたえのある映画になっていますよね!
| Love@Movie | 2006/11/14 3:35 PM |
ちょっと落ち込んでて女子力低下中だったんで、 『プラダを着た悪魔』の先行上映に行ってきました。 大好きなアン・ハサウェイの新作です。 裏(?)の主役『ファッション』が、やはりかなり楽しめます。 出てくる品々の高級なこと、お洒落なこと・・・ 見てる
| The life is a novel | 2006/11/15 2:25 AM |
ミュウミュウのワンピを着たアン・ハサウェイ=プラダを着た悪魔 プラダを着た悪魔で...
| ミュウミュウ(Miu Miu)らぶ〜PRADAの姉妹ブランドミュウミュウ | 2006/11/17 5:20 PM |
「プラダを着た悪魔」はファッション好きな女性なら楽しめるかも知れない。でも女性ファッションの流行に関心の無い私には普通の映画でしかなかった。公式ページはこちら → プラダを着た悪魔公式ページメリルストリーブはいいですねぇ、ほんと。アン・ハサウェイ、演
| 旧作DVD(ビデオ)から新作予告編まで超個人的映画情報 | 2006/11/17 8:59 PM |
自分にあった服を探す、 服とは生き方であり、 サイズとは価値観。   自分に合う服…、 生き方をあなたは見つけたでしょうか?
| しんのすけの イッツマイライフ | 2006/11/17 11:13 PM |
軽快に楽しく,元気が出るステップアップムービー。
| Akira's VOICE | 2006/11/18 6:02 PM |
CAST:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ 他 STORY:大学を卒業してジャーナリストを夢見るアンディ(アン・ハサウェイ)は、超一流ファッション誌、「ランウェイ」の面接を受ける。ファッションに全く興味のないアンディだが採用され、業界でも有名な手厳
| *sweet* Days | 2006/11/18 7:15 PM |
映画館にて「プラダを着た悪魔」 ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説の映画化。 アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを目指してNYにやってきた。オシャレに関心のない彼女は畑違いの一流ファッション誌“RUNWAY”の面接を受けて、なぜか採用
| ミチの雑記帳 | 2006/11/18 11:50 PM |
{/hiyo_en2/}????ΤŹä??Ū? {/kaeru_en4/}???? {/hiyo_en2/}???夿?ä?????åΤ?Ĺä?? {/kaeru_en4/}?ä???ä????????Ĺ?????ä?? {/hiyo_en2/}?å?ää?????å?????????ä? {/kaeru_en4/}?å????ä???????Τ????Τ褦???????????ä?ä?Ĥ????
| 【映画がはねたら、都バスに乗って】 | 2006/11/19 8:23 AM |
「プラダを着た悪魔」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ、スタンリー・トゥッチ、エミリー・ブラント、サイモン・ベイカー、エイドリアン・グレニアー *監督:デヴィッド・フランケル 感想・評価・批
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/11/19 10:03 AM |
プラダを着た悪魔(2006 アメリカ) 原題   THE DEVIL WEARS PRADA 監督   デヴィッド・フランケル 原作   ローレン・ワイズバーガー 脚本   アライン・ブロッシュ・マッケンナ 撮影   フロリアン・バルハウス 音楽   セオドア・シャピロ 出
| 映画のメモ帳+α | 2006/11/19 10:31 AM |
『プラダを着た悪魔』鑑賞レビュー! 上司と戦い、恋に悩み みんな幸せになりたいと思ってる ジャーナリストをめざして NYにやってきたアンディ オシャレに興味のない彼女が就いた仕事は 女性なら誰もが憧れる 一流ファッション誌 “RUNWAY”の
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/19 5:27 PM |
ジャーナリストを目指す女性が、ファッション誌業界で奮闘する物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/11/19 6:27 PM |
  「プラダを着た悪魔」観ました。映画のタイトルはカッコいいですが、ストーリーはまあまあと言った感じ。軽妙なコメディですが今ひとつ盛り上がりに欠ける展開。高級ファッション業界のセレブリティな世界を垣間見るのには良いかもしれない。主演のアン・ハサウ
| 男を磨く旅 | 2006/11/19 11:27 PM |
激安ブランド.com(プラダ) は激安通販価格を比較評価し、購入ガイドなどのほかに、格安通販や特価通販、商品在庫や予約状況、人気/ヒット商品ランキングに関する情報をお届けします!今回は「PRADA」を紹介します
| 激安ブランド.com (プラダ) | 2006/11/20 5:03 AM |
アン・ハサウェイ・メリルストリープ主演 「プラダを着た悪魔」 一流ファッション誌 "RUNWAY"のカリスマ編集長 ミランダ・プリーストリーと アシスタントの「命」を賭けた? アメリカン・コメディ ファッションと音楽と 町並みが中心なので 女性向作品ですが メリルス
| bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ | 2006/11/21 12:54 AM |
 アメリカでは、む「スーパーマン・リターンズ」と同日公開。 翌週からは、「パイレーツ2」の公開の陰に隠れてあまり話題にものぼっていなかったにもかかわらず、公開3週目でも満員を続けてている作品があった。 この「プラダを着た悪魔」である。  「パイ...
| シカゴ発 映画の精神医学 | 2006/11/21 10:35 AM |
一口で内容を説明すると、 新卒の女の子が、就職し、社会の荒波にもまれて成長する物語。 よくあるお話なのですが、主役・アンディ(アン・ハサウェイ)が就いた仕事というのが、有名なファッション雑誌「ランウェイ」切れ者編集長アシスタント。 特殊な業界のなか
| 有閑マダムは何を観ているのか? | 2006/11/21 4:16 PM |
本当にやりたい仕事をかなえるために、一生懸命、今を頑張るとか。認められていくようになるステップアップの話に華麗なファッション界の話がわんさかと詰め込まれていれば、女性向けと言われるのは当然だ。個人的には(男だからと言うのもあるが、)イン・ハー・シュー
| 八ちゃんの日常空間 | 2006/11/21 5:18 PM |
10月10日に書いた文章を、公開に併せて再掲載します。 「プラダを来た悪魔」★★★★オススメ メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ主演 デビッド・フランケル監督、2006年アメリカ 映画「カポーティ」を見ながら、 演ずるってこういうことなんだなと、 画面
| soramove | 2006/11/21 11:02 PM |
プラダを着た悪魔 (出演 メリル・ストリープ) 原題: The Devil Wears Prada (2006) 2006年11月18日 日本初公開 公式サイト: http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/ ユナイテッドシネマとしまえん スクリーン5 I-17 2006年11月19日(日)21時30分
| 映画と本と音楽にあふれた英語塾 | 2006/11/23 7:45 PM |
前評判の高いこの映画、かなり期待して観に行ったのですが・・・期待通り、いや期待以上の楽しい作品でした。最近忘れかけていたお洒落心がメラメラと燃えるのを感じながら映画館を後にしたのでした。 大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しか
| Alice in Wonderland | 2006/11/23 10:15 PM |
それは、自分のための、自分の決断。
| 悠雅的生活 | 2006/11/24 9:13 PM |
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 恋に仕事にがんばるあなたの物語。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/24 10:59 PM |
11月22日(水) 会社終業後、2年振りに会社の飲み会(送別会)に参加。 会社(御成門)から歩いて10分くらいの所にある中華料理店「南国亭」にて午後8時半から2時間の中華食べ放題。 炒飯やエビチリ、麻婆豆腐、五目焼きそばに水餃子など。 最初のうちはバ
| CHEAP THRILL | 2006/11/25 12:53 AM |
監督 : デヴィッド・フランケル 出演 : メリル・ストリープ  /アン・ハサウェイ
| MoonDreamWorks★Fc2 | 2006/11/25 11:50 PM |
上司と闘い、恋に悩み、みんな幸せになりたいと思ってる。 お薦め度:.★☆.  アン・ハサウェイって他になにやっていたっけ?と調べてみたら『ブロークバック・マウンテン』のほかはプリティシリーズを演じている女
| PICO*THEATRE | 2006/11/26 11:25 PM |
監督:デヴィッド・フランケル 出演:メリス・ストリーブ、アン・ハサウェイ、スタンリー・トゥッチ、サイモン・ベイカー、エミリー・ブラント、エイドリアン・グレニアー 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) ああ、楽しかった。
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/11/28 10:57 PM |
「プラダを着た悪魔」を観てきました〜♪ アンディ(アン・ハサウェイ)は、雑誌の編集者を目指しNYに出てくる。しかし、見つかった仕事は超一流のファッション雑誌「ランウェイ」の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の第2秘書の仕事だった。ファッションに全
| 観たよ〜ん〜 | 2006/11/29 7:12 AM |
 今年のばばあ大賞はメリル・ストリープで決まり! と思わず叫びたくなるほどの堂に入ったばばあ振りには思わず脱帽しました。  いくら気鋭のアン
| シネクリシェ | 2006/11/29 9:14 PM |
今日プラダを着た悪魔を観て来た。 レディースデーだったためか、ほぼ満員。 おすぎが面白いって言っていたプラダを着た悪魔だが・・・ 面白かった! 主役の若い女の子がシャネルの服を着こなして だんだんきれいになってゆくのをみて プ
| ダイエットドットコム | 2006/11/29 10:40 PM |
プラダ・・・といえば、 ♪プラダの靴が欲しいの そんな君の願いを叶えるため〜 なーんて、小沢健二の曲「痛快ウキウキ通り」を思い出します。 ひらりんの18番でしたから。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/11/30 1:39 AM |
最近少し仕事にというか、なんかいき詰っていたので。ひと休みのつもりで、今日は有給休暇を取りました。水曜日だしレディスディなので映画に「プラダを着た悪魔」を見に行きました。
| 頑張る!独身女!! | 2006/11/30 9:21 PM |
 泣きたいくらいの大失敗、自分で自分を慰めたくなる瞬間そんな経験が、きっと輝く明日を作っていくこれは恋に仕事に頑張るあなたの物語 2003年4月、20代の新人女性作家が書いた1冊の本が刊行と同時にベストセラーになった『プラダを着た悪魔』の映画化だ実際
| ?? | 2006/12/01 10:01 AM |
このところ重めのテーマの映画が続いたので、軽いタッチの映画をということで「プラダ
| はらやんの映画徒然草 | 2006/12/02 4:22 PM |
やっと観に行けました「プラダを着た悪魔」。 数ヶ月前に予告を観たときから「これは面白そう!」と期待していた映画。 なかなか評判もよいことだし、楽しみにしてました〜。 最初からグッと引き込まれる展開。ミランダ(メリル・ストリープ)が予定より早く出社す
| まぁず、なにやってんだか | 2006/12/03 2:29 PM |
オープニングからテンポが良く、コメディタッチなので観やすい☆さすがファッションも可愛いです!夢を叶える為とは言え現実は厳しく、仕事に染まれば今度は私生活に支障が出る。そんな生活の中で何が大切なのか分からなくなってしまう。仕事?オシャレ?恋?…働く女性
| Tokyo Sea Side | 2006/12/03 4:57 PM |
『プラダを着た悪魔』 ジャーナリストを志しNYにやってきたアンディ。オシャレに関心のない彼女が配属となったのは一流ファッション誌「ランウェイ」。朝から晩まで無理難題を押し付ける編集長の下、アンディにも少しずつ変化が訪れます。何かを成し遂げるためには、
| Tokyo Bay Side | 2006/12/10 9:26 AM |
 ジャーナリストを目指してNYにやってきた新卒のアンディ(アン・ハサウェイ)は、 幸運にも世界的ファッション誌『ランウェイ』の編集長ミランダ(メリル・ストリープ) のセカンド・アシスタント(要は使い走り)に採
| 真紅のthinkingdays | 2006/12/13 10:11 PM |
この映画のために事前にチェックしておいたのですが、2004年に香水のCFのためリドリー・スコットとジョーダン・スコットがミウッチャ・プラダと手を組んだ短編映画「Thunder Perfect Mind」に共通する部分がありますね。
| 映像と音は言葉にできないけれど | 2006/12/15 7:12 AM |
 ファッション雑誌の裏側はどのようになっているのだろうと思う人は多いと思う。普段、スーツで毎日会社に勤めている私でも、ファッション雑誌は偶に買うし、立ち読みもする。  アンディ(アン・ハサウェイ)は、大学を卒業したばかりのどこにでもい
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/12/18 7:57 PM |
原題:The Devil Wears Prada この映画のオープニングはとってもショッキング、鏡に向かって歯を磨く彼女の素顔は一体誰だったのか・・分からなかった、メイク後の彼女、あぁ〜と気付く 下着姿で登場する元々スレンダーな彼女、もう少しお尻はあったほうがい
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/12/24 2:22 AM |
『プラダを着た悪魔』を観てきた。
| 古谷千秋の食い倒れ日記 | 2007/02/12 6:33 PM |
お正月。 「誰も知らない」「さゆり」「幸せになる彼氏の選び方」と、御茶ノ水に篭っ
| のびのびにっき | 2007/03/13 12:59 AM |
バッグも靴もアクセサリもコスメも・・・いくつ持っててもいいじゃないの〜!!って思える私には、この作品はとても面白かったです。 実際、デキる女上司って気を遣うことも多いけど、本気で敬意と忠誠心を抱けるような人物に巡り合えば、自分の仕事能力は伸びるし成長
| 雑板屋 | 2007/05/24 3:55 PM |
  プラダを着た悪魔・・・評価  4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ ジャーナリストを志しているオシャレに関心のないアンディ
| 三日月のしっぽ。 | 2007/06/03 11:29 PM |
監督 デヴィッド・フランケル 製作総指揮 ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr 、カーラ・ハッケン 、カレン・ローゼンフェルト 原作 ローレン・ワイズバーガー 脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ 音楽 セオドア・シャピロ 出演 メリル・ストリープ 、アン・ハサウ
| どうせ誰も見てませんからっ☆★ | 2008/04/20 1:38 AM |
意地悪な上司に奮起して頑張る女の子の話といえば、 もう何の新鮮味もないのでスルーしていたのですが、 結構評判良いので観ておきますか。 原作は2003年に出版されるやたちまち大ベストセラーになった 同名タイトル小説だそうです。 大学を卒業したばかりのアン
| 映画、言いたい放題! | 2008/10/25 1:46 PM |