CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 文庫「チルドレン」 | main | 試写会「シュレック 3 <字幕版>」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
竹内まりや「Denim(初回限定盤)」
竹内まりや,Alan Jay Lerner,服部克久,山下達郎,センチメンタル・シティ・ロマンス
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 5,380
実は発売ギリギリまで買わないつもりでいた。 なぜかわかんないけど、もういいかって感じで…。 でも発売日ころに「めざましテレビ」で紹介されていて、やっぱり聴いとくか、と。 一応押さえておいて間違いないか、くらいの感じ。 特にファンってわけでもなかった私。

   【収録曲】
   Disc 1
  01 君住む街角(On The Street Where You Live)
  02 スロー・ラヴREAL WMP
  03 返信REALWMP
  04 みんなひとり
  05 シンクロニシティ(素敵な偶然)
  06 哀しい恋人
  07 Never Cry Butterfly
  08 ラスト・デイト
  09 クリスマスは一緒に
  10 終楽章
  11 明日のない恋REAL WMP
  12 人生の扉

   Disc 2(初回限定盤のみ)
  01 Hey!Baby
  02 夜景
  03 約束
  04 ミラクル・ラブ
  05 真冬のデイト
  06 トライアングル


で、聴きましたら、「やっぱり」という印象。 なんといったらいいのか、予想通りというか。 意外性より安心感? まあちょこちょこ発表されていた映画主題歌とかが収録されているので目新しさがないというのもあるし、よくもわるくも竹内まりや健在、としかいいようのない感じが。 
変わらないね、声も年をとらない気がするし、歌い方も世界観、というかものの見方感じ方も何も変わらない。

しかしそんなまりやさんも50代。 人生の総決算にはまだ早いけど、それに向けて準備し始めるみたいな「大人」な感じはある。 アルバムラストに収録されている「人生の扉」、NHKの「SONGS」という番組で初めて聴いた時ギョッとしたけど、こういう歌に感動する人もいるんでしょうし。 この人の底抜けな前向きさ加減に私はついていけないんですけど。 なんてったって「きっと90歳を越えても生きてる」 ですからね。 明日にも死んじゃうかも、というのが人間と思っている私には、どうも…。

そういえば、ピカデリーサーカスが参加してた。 私の大好きだった松尾清憲さん、お元気ですか。

まあロマンチックなようでいて妙に下世話な歌詞に、そもそも付いて行ってない私なんかが、レビューを書くのもオコガマシイです。 しかしながら、聖子ちゃんがいまや全曲作詞作曲したアルバムを出す時代ではありますけど、まりやさんの才能には敬意を表したい。
 
聖子ちゃんのアルバムって全曲バラードってことないよねえ?

それと余談ですが、この商品、定価は税込み3,059円ですが、アマゾンのレビューで表示してしまうとアマゾンの出品者のつけた値段がブログに表示されてしまうのですね。 初回限定盤は値が上がっているらしい。 もちろん値段を表示するかどうかは管理者が選べますが、 ちょっとわかりにくいシステムだ。 こういうのは定価を表示してほしいなあ。 アフェリエイトだからしょうがないといえばしょうがないのだが。 私のも初回盤なので、お金に困ったらアマゾンで売ろう。
| CD | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:33 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/427
この記事に対するトラックバック