CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 映画「ボルベール< 帰郷>」 | main | 文庫「刺青(タトゥー)白書」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「あるスキャンダルの覚え書き」
魔性の女と悪魔のような女。 似て非なる女二人。 どっちもどっちと言えばそれまでだが、近づきすぎた瞬間に不幸が訪れた。

労働階級の子供が通う中学校の厳格なベテラン教師バーバラの前に現れたのは、美しい新人教師・シーバ。 自分の心の渇きをシーバの中にも見たバーバラは、親友になろうとする。 シーバが教え子と不倫の関係になったことを知ったバーバラは、その秘密を口外しないと約束する代わりに、シーバを支配しようとする。 微妙なバランスの上に成り立った友情が長続きするはずはなく…。

初めはバーバラは語り部となって、少年と淫行に走るシーバの奔放さに危うさを感じさせる展開かと思っていたら、全くそうではなくなって、そんなものが吹き飛ぶくらいにバーバラのストーキングぶりが恐ろしくなってくる。

ケイト・ブランシェット演じるシーバは、上流階級の品性を保ちながらも、危うい妖艶さを漂わせ、15歳の少年が憧れる、か弱い女性教師だ。 二児の母となりながらも未だ自分探しをしていて、人生に迷っている。
対して、バーバラの厳格さ、孤独、諦念と固執に揺れるオールドミスを、ジュディ・デンチが生々しく演じ、不気味にすら見える。 
この映画はこの二人の女優なくしては成立しなかっただろう。

この話のスゴイところは、一人だけでも話が成立しそうなほど濃いキャラの二人を交錯させたところだ。 

魔性の女はあくまで自分を外に解放することで自分を生かそうとする。 年上の教師と不倫の末に結婚したシーバは派手で男好きのするタイプだし、子供を誘惑するなんて、自分を押さえ込んでおくことが出来ない性質だ。 

魔法使いのばあさんは内向きに妄想混じりに日記を綴り、思い込みの世界に生きて同じ過ちを繰り返す。 地味でお堅いし、同性に興味がある人だ。

心の中に抱えているのは同じ「孤独」という闇でありながら、二人は全く異なった人種だ。 本来ならば仲良くなるタイプの二人ではないはず。 たとえ同級生でも友だちになる可能性は薄い。

厳格さが他人を寄せ付けなくなって、孤独を呼び寄せたのか、特定の人以外に心を許せなかったから他人に厳しくなったのか。
いずれにせよ、孤独が独善的な妄想を生む。 語弊があるかもしれないけど、猫だけが家族なんて、健全じゃないのだ、きっと。 人はやはり人と生きないと。 …と、これは自分に向かっての苦言なのだが。

実は私はこの映画は実話を映画化したものと思い込んでいた。 そうではなく創作だったのだが、シーバのモデルとなった事件があったのは本当らしい。 97年の「ルトノー事件」というのがそれだが、このルトノーさん、捕まって服役して、しかも相手の少年の子供を二人も産んでて、出所してから結婚したという。 事実は小説より奇なり…。

★★★★

「あるスキャンダルの覚え書き」公式サイト

あるスキャンダルの覚え書き@映画生活


そういえば全くの余談だが、映画が始まる前の「海賊版撲滅キャンペーン」のCMが五月女ケイ子の画じゃなくなってしまった。 あれを見るのが好きだったので残念。
| movie theater | 23:13 | comments(1) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |
はじめまして。訪問ありがとうございました。

>孤独が独善的な妄想を生む
これって本当だと思う。自分も気をつけなければ・・・
| | 2007/07/18 11:45 PM |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/438
この記事に対するトラックバック
 『彼女の恋の相手は15歳だった』  コチラの「あるスキャンダルの覚え書き」は、ゾーイ・へラーの同名ベストセラー小説の映画化で、6/2公開になったR-15指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  2006年アカデミー賞で主演のジュディ・デンチが主
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/11/05 9:57 PM |
バーバラは危険きまわりない人物だった。   10月16日、京都シネマにて鑑賞。上映前からかなり気になっていた作品『あるスキャダンルの覚え書き』。上映時間や、上映回数が少なく・・・・。この日も10:40の1回だけだったようです。   ジュディ・
| 銅版画制作の日々 | 2007/11/08 9:04 PM |
観る前には、初老のベテラン女教師と若い新任の女教師の「同性愛」がテーマの映画かと、僕は勝手に思いこんでいました。ところがどうもそうじゃない、ということが、観ているうちに少しずつわかってきました。アメリカで実際に起こった女教師の事件を基に作られたゾー
| とんとん・にっき | 2008/01/19 7:47 PM |
監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン、トム・ジョージソン、マイケル・マロニー 評価:90点 緊張感溢れまくりの大女優の競演。火花散る演技がなんとも素晴らしく、時を忘れて見入
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/04/02 12:23 AM |
原題:Notes on a Scandal これはサイコ・サスペンスなのかと思う、アメリカで実際に生徒と性行為の末に2人の娘を妊娠・出産した女性教師メアリー・ケイ・ルトーノー事件がモデル・・・ 定年間近のベテラン教師バーバラ(ジュディ・デンチ)は孤独なベリー・
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/08/24 2:12 AM |
2006 アメリカ 洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:怖い 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、アンドリュー・シンプソン、ビル・ナイ あまり深く考えずに行動する若く魅力的な女教師シーバ(ケイト・ブランシェット)と人間関係に餓
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/15 11:05 AM |