CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 文庫「終の棲家」 | main | 古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「迷い婚 ~すべての迷える女性たちへ」
ジェニファー・アニストン,ケビン・コスナー,シャーリー・マクレーン,マーク・ラファロ,リチャード・ジェンキンス,ミーナ・スバーリ,ロブ・ライナー
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,662
なんか変なタイトルだと思うけど。

マリッジブルーの女性が妹の結婚式に出席するために婚約者と帰省。 そこで祖母と今は亡き母親があの映画「卒業」のモデルと知る。 ダスティン・ホフマンの役どころであるプレーボーイの存在を知り、自分の父親かどうかを探るため、本人に会いに行くのだが…。 女三世代が手玉に取られるのか…。

そもそも、「卒業」が実話だったという設定があまりに突飛で、そこに乗れれば面白いのかも知れないけど、「卒業」にそれほど思い入れも無い、なじめない。

ただ、ダスティン・ホフマンのモデルがケビン・コスナーというキャスティングに面白さが。 ギリギリいかにもって感じもするし、それはちょっと出来すぎだろーって感じもするし。 でも親ではないとわかったら恋に落ちてしまいそうなオトナなイケメンに丁度イイって感じがする。   

婚約者を待たせながらフラフラする、マリッジブルーな女性にこれまたぴったりなジェニファー・アニストン。 気になったら確かめないといられないナリフリ構わないところとか、浮気性のところとか、真面目なような軽いようなところがレイチェルっぽくてイメージ通り。 私はたぶんジェニファーが主演でなかったらこの作品を最後まで観ては居られなかったと思う。 やはり彼女は魅力的だ。

というのも、やはり話にはかなり無理があり、ところどころで笑わせるし、お祖母ちゃん役のシャーリー・マクレーンはさすがいい味を出してはいるけど、お手軽な感じは否めない。 

たぶん一昔前だったら、メグ・ライアンがやりそうな映画だなあ、と思うばかり。

wowow録画 ★★★★★
| movie at home | 21:21 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 21:21 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/442
この記事に対するトラックバック
原題:Rumor Has It... あのミセス・ロビンソンン「卒業」に登場する家族は実在するという・・そんなうわさに基づいて製作されたと説明されている・・けっこうドタバタなラブコメディ・・・ マリッジブルー、やはり受動的な女性にとって結婚はリスクが高い、
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/07/26 12:50 AM |
2005年製作のアメリカ映画。 全米最高週間5位、興行成績,000,262。 『フレンズ』のジェニファー・アニストンと『ボディガード』のケビン・コスナーの共演で贈るラブコメディ。結婚を間近に控えたサラは、本当にこのまま結婚して幸せになれるのかと悩む日々。そんな
| シネマ通知表 | 2007/09/16 11:49 AM |