CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 古武術で毎日がラクラク!―疲れない、ケガしない「体の使い方」 | main | 映画「ホテル・ルワンダ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
文庫「思いわずらうことなく愉しく生きよ」
私は基本的に恋愛小説なるものは読む気がしない。 他人の架空の恋愛話に興味が湧かないからだ。 何か決定的な事件が起きて、先が気になってたまらない、ミステリー小説のようなものが面白い。

しかし江國香織だけは例外だ。 江國さんの小説は、知らない他人の恋愛を読まされるような感覚はない。 ストーリーをかいつまんで説明するのが難しいほど、「決定的な事件」は何も起こらないのに、読み終えるのが惜しいほど、楽しめる。 ゆっくり味わいたくなるのだ。

たぶん、他人の恋愛が書いてあるような気がしないからだと思う。 まるで、自分の恋愛日記でも読み返しているような、日々の細々したことと併せてちょっとした気持ちの機微が描かれ、それが怖いほどリアルだからだ。 

たぶん私は江國さんの小説を読みながら、過去や未来、もしくは現在の、自分の恋愛感情がまざまざと呼び起こされるのだ。

ところが、この小説はこれまでの江國さんの恋愛小説とは色合いが違う。
「何も起こらない」はずの江國小説にしては珍しく、さまざまなことが起こる。 私が好きな「先が気になってたまらない」ストーリーだった。 
なんと驚くことに、この小説の大きな柱が「DV」だ。

小説の主人公は犬山家の三姉妹。 今ではみんな別々に生計を立てて別々に暮らしてはいるが、小さな子供だった頃、家は裕福で、結束の固い幸福な家庭に育った。 だから大人になった今でも、家族の誰かに何かが起こったらみんなで駆けつけるのだ。

三姉妹の個性がはっきりと書き分けられていて面白い。 男との付き合い方もそれぞれ違う。 違うのに家族であること、血が繋がっていることを感じさせて興味深い。 
私には女きょうだいは居ないので実感はないが、姉か妹がいたとしたら感じるであろう親しみや煩わしさを想像する。

そんな中、長女夫婦に起こっている家庭内暴力。 たぶんものすごくリアルだ。 こんな世界を私は知らないが、「共依存」という言葉くらいは知っている。 DVが、暴力をふるう側だけの問題でなく、される側にも問題があるという典型の夫婦。 

DVをこんな風に扱う小説を読んだことがなかったので、へんな表現だが、「勉強」になった。 

しかし長女だけではなく、次女も三女も男性との付き合い方がフツーとは言えない。 まあもっとも、こういうことに普通ってないのかも知れない。 それぞれがそれぞれの思い通りにいくことを望むしかないのだ。 
もちろん、暴力で繋がる関係だけはごめんだが。

長女が救った、同じようなDV被害者の女性が思わず漏らす言葉に「家族に愛されている人は強い」というような言葉に、はっとした。 これは恋愛小説ではなく、家族小説だったのだ。 
| book | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:54 | - | - |











トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック