CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 映画「アズールとアスマール」 | main | 文庫「残虐記」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「夕凪の街 桜の国 」
原作漫画を読んだ時、号泣したほど、感動した。 そして、これを実写化するとしたら、これ以上のものが果たして出来るのか、という心配が浮かんでいた。 
レビューでも書いたが、この作品は漫画表現としての質もかなり高いと感じていたので、映像化に当たっては漫画に引きずられずに、頑張ってほしいと願っていた。

麻生久美子の演技は、各批評でもたいてい絶賛されている。 私も三日月クンはよくがんばったと思う。 皆実の柔らかさや儚さ、優しさや哀しさがそれはもう詰め込まれていて、皆実そのものだったと思う。

しかし、漫画が皆実を内側から描いているのに対して、どうしても、映画は外側から見た皆実を描いている気がしてならない。 皆実の悔しさや怒りは、モノローグで語られはしたが実感として感じ取ることは出来ず、撮影カメラが彼女を観察しているような印象。

対して「桜の街」編だが、こちらの七波役の田中麗奈さすがに上手い。 上手いと感じさせないところが上手い。 生き生きといまどきの女の子(といっても27歳の設定) を演じている。 もちろん七波は皆実の深刻さを必要としないが、それにしてもあっけらかんとした、でも内側に悲しい思い出を胸に秘める家族思いの女性を、いますぐここにいそうなリアルさでさりげなく演じている田中麗奈はスゴイと思う。 

しかし、お父さんがマチャアキでなくてもよさそうなものを…。 だって伊崎充則(これまたこんな青年になっていたことに驚き) を年取らせたようには見えないんだもの。 面影全くなしでしょ。 どっちかと言ったら田山涼成の方だと思うけど。

さて、今日は広島に原爆が落とされてから62年となる「原爆の日」。
たぶんこの漫画と映画を知らなければ、62年経っている過去のこととして、亡くなった方々の霊を慰めるために、この日があると思ったと思う。 しかし、いまなお同時代の深い問題として、私たちはこの国に原爆が落とされたことを心に留めなくてはならないのだ。 絶対「しょうがなかった」なんて、言っちゃダメなんだ。

★★★★ 見たのは先週の水曜 渋谷 シアターN渋谷(ここって昔のユーロスペースですよねえ…?)

夕凪の街 桜の国@映画生活
| movie theater | 21:35 | comments(4) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |
こんにちは。初めまして!

原作はこれから読もうと思っています。が
原爆スラムで明るく倹しく生きる「夕凪」の何気ない日常を
映し出す序盤から
もうボロボロ、、よく観えないほどでした(~~;

伊崎さんがマチャアキになっちゃったのには少し抵抗をかんじました(笑)
TBさせて戴きました♪
| kira | 2007/08/07 11:13 AM |
kira さん コメントとTBありがとうございました。

原作、是非、読んでみてください。
迫るものは映画以上にあると、思うのです。
もちろん、映画もよかったと思っていますが。

…やっぱりマチャアキ、無理がありましたよね〜。
| mambotaxi | 2007/08/09 10:58 AM |
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 原作、読まれてるんですね。
 私も読んでみたくなりました。

 伊崎くんがマチャアキになるのは、
 私も違和感ありすぎました。
 田中麗奈ちゃんと弟役の子が
 「似てるからすぐわかった」ってのにも
 抵抗ありました。。
 あと、田中麗奈ちゃんがおばさんに似てる、ってのも・・・。

 フィクションとはわかっていても、
 顔立ちとかやっぱり多少考えてほしいかもです^^;;
| miyukichi | 2007/08/16 10:30 PM |
miyukichi さん こちらこそTBありがとうございました。

確かに麗奈ちゃんと三日月くんは似てないですよね。
たぶん性格的なことと理解しておきました^^;

原作をちょっと読み返しましたが
また泣けてしまいました。
是非読んでみて下さい。
| mambotaxi | 2007/08/19 12:16 PM |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/447
この記事に対するトラックバック
製作年度 2007年 上映時間 118分 監督 佐々部清 出演 田中麗奈/麻生久美子/藤村志保/堺正章/吉沢悠/中越典子 昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。やがて
| to Heart | 2007/08/07 10:56 AM |
希望は咲き誇る。
| Akira's VOICE | 2007/08/12 4:17 PM |
映画「夕凪の街 桜の国」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章、他 *監督:佐々部清 *原作:こうの史代 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2007/08/13 6:29 AM |
 映画 「夕凪の街 桜の国」(佐々部 清:監督)  を観てきました。    W主演の麻生久美子さんが好きなので、  観たいとは思っていたのですが、  終戦記念日の今日、ようやく観てきました。  やっぱりせめて1年にこの時期くらい、  戦争とか平和とかについて
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/16 2:02 AM |
ピカあるいはピカドン、その新型爆弾の毒にやられて苦しむ人が、いかに多かったことか、その威力は遠く岡山にあってさえ窓ガラスを震わせたという・・・ 昭和33年広島、平野皆実(麻生久美子)は父と妹を原爆で亡くし、弟の旭は叔母の養子となって遠く水戸に
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/08/18 11:03 PM |
人気ブログランキングの順位は? 広島のある 日本のある この世界を愛する すべての人へ 広島 あの日から十三年 消し去れぬ想い そして、現代 ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、 今ひとつの物語を紡ぎはじめる。 生きとってくれて
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/08/20 1:52 AM |
夕凪ってロマンチックに聞こえるけど、夕方に風がやみ蒸し暑い状態をいうんだ...と、あらためて思い知った。今までにも、私には知らないことはたくさんあったけど...。 『夕凪の街』はノスタルジックな風景と、出てい
| 描きたいアレコレ・やや甘口 | 2007/08/22 1:13 PM |
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        2007/07/28公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】佐々部清 【脚本】国井桂/佐々部清 【原作】こうの史代 『夕
| アンディの日記 シネマ版 | 2007/08/23 10:29 PM |
夕凪の街 桜の国 試写会(イマジカ試写室) 「原爆は落ちたんじゃなく落とされたんよ」 一瞬で人も街も吹き飛ばされた。誰かに死んでしまえと思われていた。 とてもとても恐いことです。そこにいたというだけの人が全てを失い、かろうじて生き残った人も「どう
| 駒吉の日記 | 2007/08/24 5:44 PM |
あの日の あの場所 消せぬ遺伝子   この映画、一応は2部構成。原爆投下から13年後の広島を舞台にした「夕凪の街」と、それから50年後の現在の東京を描いた「桜の国」。  まず「夕凪の街」。母フジミ(藤村志保)と2人で暮す平野皆実(麻生久美子)。彼女
| 空想俳人日記 | 2007/08/25 9:06 PM |
伊崎充則が堺正章に、吉沢悠が田山涼成になる映画 夕凪の街 桜の国posted with amazlet at 08.04.11東北新社 (2008-03-28)売り上げランキング: 229おすすめ...
| ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ! | 2008/04/13 6:58 PM |
あらすじ昭和33年広島、皆実(麻生久美子)は同僚の打越(吉沢悠)から求愛されるが、彼女は被爆した心の傷と、自分が生き残った罪悪感に苦しんでいた。半世紀後、皆実の弟の旭(堺正章)は家族に黙って広島へ向い父を心配した七波(田中麗奈)は、後を追う内に家族の
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/08/23 12:37 PM |
友人が試写会を観に行ってほめてました。 割と評判いいですよね。 原作は漫画なのですね。 第9回手塚治虫文化賞新生賞、 平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、 こうの史代の同名コミックの映画化だそうです。 昭和33年広島、 平野皆実は同
| 映画、言いたい放題! | 2008/11/04 4:05 PM |