CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 文庫「残虐記」 | main | 映画「オーシャンズ13」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
月9主題歌 小田和正 「こころ」
NHK朝ドラに続き、主題歌づいている小田さんですが、どうにも月9が不調で、見ちゃいられない。 あの「東京ラブストーリー」のようなドラマと歌の融合でのカタルシス的な感動は皆無で、まあそれは歌の評価とは直接関係ないことと断言しますが。

ただ私はフジテレビには感謝しているのです。 
小田さんはたぶん、こういう企画ものでなければ、もうなかなかこんなラブソング、自力じゃあ書かなくなっているけど、私が聴きたいのはまさしくこういうラブソングだから。
歌はやはり素晴らしいと思うんですけど、どうですか。
私はもはや客観的に評価できなくなっているかもしれないので…。 
どうにも「小田教信者」なもんですから…。

確かに「息継ぎ短くて荒すぎだろ」とかはありますけど、だって来月で還暦ですよ、いいでしょそれくらい。 そんなことより、この歌声で、こんな楽曲を作ってくれたことがもう嬉しくて嬉しくて。

私が好きなのは…「あのね」は言わずもがなですが…、「いつか夕べの」のあたりかしら。

ただ私が注文をつけるとしたら、最後の2行は要らなかった。 盛り上がったまま終わってくれたほうが好きかも。 いつかライブでやってくれたら、上がったまま終わって欲しい。

そう、ライブで聴ける日をひたすら待っています。

この曲のPVは15秒と60秒のバージョンと、フジテレビが作ったらしい長めのものがあるのですが、ネットで見れたので一応チェックしました。 
フジが作ったのは井上真央ちゃんが花嫁で結婚式のシーンなんですけど、これって歌の世界観をまるで無視ですよね? なんか見た感じ、主役は花嫁の父なんだけど、そんな歌じゃないでしょ。 この曲は究極のシンプルラブソングなんだけど、結婚式の花嫁の父にはまったくの不似合い。 どうしても井上真央にウエディングドレスを着せたかったのなら、恋人同士の出会いから、やっと結婚だね、ってストーリーにでもすればいい。 

そうそう、カップリングはあの 「ワインの匂い」 なんですけど、原曲のあのとっぽい感じはどこへやら、わりに普通な仕上がりで、私としては原曲以上には届いていないと感じます。 切ない感じは悪くはないけど、なんというか、地味な感じ。 
オフコースのオリジナルというのは、独特の感性の上に成り立っていたと思うし、時代性もあっただろうし、本当に偉大であったのだ。 特にこの曲はねぇ…。 難しいものだ。
ただ、竹善さんは相変わらずいい仕事をしてくれてるなー、と思いますが。

それにしても、こんな曲を小田さんにイメージさせたユーミンは、いまやシャングリラなんてやっちゃってるし。 時代は変わったね。 

「ダイジョウブ」からの繰り返しになりますが、ジャケットはいい加減イラスト止めれ〜。
あとタイトルはどうなの? 夏目漱石が好きなのは知ってますけど、もっと気の利いたタイトルはなかったのか…。 ま、「ココロ」じゃないだけヨシとしますか。 
セルフプロデュースの限界って案外こういう細かいところに出るのかも。
| CD | 13:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 13:06 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/449
この記事に対するトラックバック
「ダイジョウブ」に続く、2007年の小田和正シングル第二弾は、フジテレビ系ドラマ「ファースト・キス」主題歌。 美しいストリングスからはじまるアップテンポサウンドに、夏の初恋を描いた歌詞。 君への素直なメッセージを爽やかに織り込んだ、王道のラブソング。
| GREEN DAYS 〜緑の日々〜 | 2007/08/19 6:33 PM |