CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 映画「ブレイブワン」 | main | フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
硝子のハンマー (角川文庫)
貴志 祐介といえば、「青の炎」。 映画化ではニノとあややという名キャスティングが光る、青春ミステリーの傑作(?)。 少年がやむにやまれぬ動機から計画殺人を行う話で、切ないいい小説だ。 だが、そのほかはホラーが多くて、あまり読んだことがない。

で、これはオビが結構面白そうな感じがしたので、購入。 

2部に分かれていて、1部は普通の密室殺人を解こうとする探偵モノ。 まあ探偵がかなり怪しげな鍵・セキュリティーマニアで、かなり癖があるので、読んでいてちょっとひいた。 しかも奇想天外な推理を打ち立てるので(ワトソン役の女弁護士も)、ちょっと馬鹿馬鹿しさもあって、実はかなりひいた。

第二部は打って変わって「青の炎」ばりの青春モノに早変わり。 たぶんこっちを書きたかったんだろうなあと思う。 2部の出来はかなりいいもの。 1部が無駄に感じるほどだ。 まあ2部だけだったら「青の炎」かよ?って思われるから1部を付けたのかも。

ただねえ、残念ながら、事件のトリック自体がよくわかんなかった…。 じゃあダメだよねえ…。


JUGEMテーマ:読書


| book | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/459
この記事に対するトラックバック