CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 硝子のハンマー (角川文庫) | main | 塩谷哲プロデュースSALTISH NIGHT vol.XI >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
観たい観たいと思っていても、大混雑らしいと聞いていたので億劫に思っていた。 そんなところへ金曜日の夜の空白。 ネットで調べたらまだ他の日、時間よりもマシらしい。 で、勇気を出して行ってみたら、まあ混んではいたけど、たぶん休みの日とかより全然観やすかったと思う。

しかしまあ、こう言っちゃあなんだけど、他の絵は面白いものはあんまりなかった。 「風俗画展」だから、「牛乳」みたいな、家の中で女の人が家事をやってます、みたいな絵が多いんだけど、それがそもそもつまらない。 

しかも、当時としては当たり前なんだけど、画面が暗い。 電気がなかったんだから、昔は家の中はこういう風に実際に暗かったんだろうから仕方ないんだけど、それがどうにもこうにも見ているのがつらい。

フェルメールの何がすごかったかって、明るいところだと思う。 他の絵と比べると、格段の差だ。 絵画は色を見たいし、色を見るなら光が必要だ。 この明るさはそれだけで魅力だ。

しかも女性も他の絵に比べて魅力的だ。 美人とは違うけれど、他とは存在感が違う。

「牛乳」を見る直前に映像でちょっとした説明を見れるのだが、構図の妙について面白いことが説明されたので、より興味深く観ることが出来た。 それは遠近法についてだったのだが、それについて注意深く絵を鑑賞すると、より面白く観ることが出来る。

新国立美術館って初めて行きましたが、乃木坂駅から行くと直通なのね。 
 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| exhibition | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:09 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/460
この記事に対するトラックバック