CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 映画「潜水服は蝶の夢を見る」 | main | 九月が永遠に続けば (新潮文庫 ぬ 2-1) >>
異邦人 上下 (講談社文庫)
ご存知「検屍官シリーズ」の第15弾。 シリーズ当初からメイン登場人物は同じだけれど、みんな年をとってきて、お互いの関係性も様変わり。 起こった事件は確かに猟奇的なんだけれど、事件や犯人vsケイ といった構図は薄い。 昔はもっとケイの働きぶりに敬意を払いつつ読むことが出来ていたような気がするが、今は私的機関での仕事なだけにどうも仕事そのものがぱっとしないというか。
いや、そもそも、このシリーズは事件に焦点を当てているようで、実は以前からケイの人となりや人間関係が重要な部分を占めていたのだった。 だが、どうもみんな年をとってきたせいか、関係が成熟してきたせいか、ケイがいつまでたってもなんだかウジウジしているせいか、どうも重苦しい。 煮詰まってないか? 

たぶん、最初の設定でコーンウェルは「ケイは外では仕事がバリバリできるキャリアウーマンで、でもキリキリしてるわけじゃなくて優しいし、時には人一倍悩みを抱えていて人間臭い、そこが魅力」みたいな感じで書いてたと思うけど、15年だか経過してなお、ケイが人間的に成長をしているかというと、以前にも増してウジウジしていて、なんだか面倒くさくなってきた。 

しかも今回はこともあろうに昔からの盟友マリーノを悪役に仕立てて、古くからのファンをあっと言わせたつもりかも知れないけど、私はなんだかガッカリ。 これからマリーノはどうなるの?なんてヤキモキするよりは、ただ「勘弁してくれ」と思うのみだ。 

JUGEMテーマ:読書
| book | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:05 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/476
この記事に対するトラックバック