CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 九月が永遠に続けば (新潮文庫 ぬ 2-1) | main | ジャック・ジョンソン「スリープ・スルー・ザ・スタティック」 >>
映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」
一日の映画の日が土曜と重なってラッキーとばかりにはしご。 そのうちのひとつがその日公開の話題作であるこの作品。


三部作のうちの、この第一作は「私たちが知っている世界と似ているけれども多くの点で異なっている世界」だそうで、二作目は「私たちが知っている世界」、三作目は「両方の世界を移動する」とのこと。
で、このパラレルワールド、どこが現世と違うかといえば「人間の魂は自分の身体に宿っていない」という点。 人間一人につき、必ず何らかの種類の動物[ダイモン]を一匹身近にまとい、そいつが付かず離れず傍にいて話も出来る。 寂しくなくていいけど、それ、自分の魂なわけだから、相談するにも自問自答だと思うんだけど、そうでもないらしく、ダイモンは友だちみたいなもの。 子供のダイモンは時によっては動物の種類を変えるのだが、それは子供の人格が定まっていないことを示しているらしい。

私はこの設定で「人間は特別なんですね?」と思って、「オイ『アース』を見ろよ」と思った。 動物に魂はないの? まぁそれはさておき。

で、主人公であるお転婆娘・ライラは、パラレルワールドの真実を語るという黄金の羅針盤を読むことが出来るたった一人の少女。 それを狙う、ニコール・キッドマン扮するコールター夫人の出現と、子供たちが行方不明になるという事件のため、ライラは冒険の旅に。

ライラの頑張りがどこへ向かっているのかイマイチ把握できないまま話が進んでしまって(私が乗り遅れたのだ、きっと)、盛り上がらないまま観終えてしまった。 肝心の「教権」についての理解が遅れたのだ。 今ちゃんと知った。 教権とは「マジステリアム」という、ライラの世界ですべての人間を支配しようとする機関のことだそうで。

北極グマの戦いも、迫力はあっても所詮3Dアニメより多少リアルか?くらいで、そこに感心および感動はできませんでした。 こっけいなくらいだ。

ライラと行動をともにした、子供を誘拐された親たちの服装はヒッピー風で、その部族の名前が「ジプシャン」というのもなんだか「ジプシー」を思わされて、差別的な感じ? 

とはいえ、ライラを演じたダコタ・ブルー・リチャーズ、この子を抜擢したことで映画は命を得たといっても過言ではないでしょう。 嘘つきで粗野で好奇心旺盛な孤児、しかし本当は賢く、行動力があって、羅針盤を読めるこの世で唯一の神秘な存在。 そんなライラをまさに具現化したかのようなダコタちゃんは素晴らしい。 
それとやはりニコール・キッドマンの気品ある悪役ぶり?にはうっとり。 こんな人に命令されたら何でも従っちゃいそう。

なにやら、原作は児童文学らしからぬ哲学的で反キリスト教的な深い話とのことだが、どうも今作ではそれほどの感じはしなかったなあ。 
まあ映画はこれから進むお話の前哨戦といった様相なので、今後に期待。

ちなみにお約束の、私のダイモンはというとミサゴという鳥で、なんだか凛々しい。キーワードは「明るさ 強さ」だそうで、自分的には違和感ないな。

★★★

JUGEMテーマ:映画
| movie theater | 20:53 | comments(0) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/478
この記事に対するトラックバック
 『その針は教えてくれる。』  コチラの「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、1995年の発売以来世界的なベストセラー、そして数多くの受賞をしているフィリップ・プルマンの「ライラの冒険」シリーズの1作目となる「黄金の羅針盤」を「ロード・オブ・ザ・リング」のニ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/03/02 9:28 PM |
この世に無数に存在する、パラレルワールド。その昔、学者たちはパラレルワールドについて謎を解こうと、ある道具を創りだした。それは、隠された真実を示す、黄金の羅針盤。 しかし、パラレルワールドの存在が明らかになることを恐れた権力者は、それらを破壊し、
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2008/03/03 5:09 PM |
  彼女はまだ知らない。本当の世界、本当の自分。   ■イギリス・オックスフォード。由緒ある街並みに庭園、見慣れた風景が続く…はずなのに何かが違う。街を見回すと、人々と同じ数だけ、動物がいるのだ。そう、この物語の舞台になるのは、私たちの世界と似ている
| 唐揚げ大好き! | 2008/03/06 7:01 AM |
満 足 度:★★★★    (★×10=満点)  監  督:クリス・ワイツ キャスト:ダコタ・ブルー・リチャーズ       ニコール・キッドマン       ダニエル・クレイグ       エヴァ・グリーン       サム・エリオット      
| ★試写会中毒★ | 2008/03/06 6:13 PM |
ライラの冒険 黄金の羅針盤’07:米 ◆監督: クリス・ワイツ「アバウト・ア・ボーイ」◆出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ 、 ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、サム・エリオット ◆STORY◆ 我々の暮らす世界とは似て非な
| C'est Joli | 2008/03/08 6:13 PM |
JUGEMテーマ:映画 3月5日(水)◆735日目◆ まだまだ寒いよ。 帰る時には手がかじかんでいたよ。 それでも今月はとにかく劇場で映画を見まくる。 昨日、ロサのイベントに行った時にわかったんだけど、 3月はナイトイベントが少ない。その分劇場へ、と
|            | 2008/03/09 6:54 AM |
ライラの冒険 黄金の羅針盤は6日(木)の10時から鑑賞し観客は約15人で 俺はスター・ウォーズ&ロード・オブ・ザ・リングなどでも鑑賞してなくて 確かにX−メン&スパイダーマンなど劇場で全作を鑑賞した作品もあるけど パイレーツ・オブ・カリビアン&ハリポタ
| 別館ヒガシ日記 | 2008/03/11 9:23 PM |
人気ブログランキングの順位は? 運命がライラを選び 仲間がライラを守り 羅針盤がライラを導く その針は教えてくれる。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/03/12 11:29 PM |
ファンタジー・アドベンチャー映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(The Golden Compass) の感想です 英児童作家、フィリップ・プルマンのベ...
| 映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記 | 2008/03/19 4:47 AM |
 最近仕事が忙しく、週に1度しか、いやそれ以下の頻度でしか映画に行けず、ストレス気味。そんな状態なのでホントに観たい映画を選んで行かないと。。。  と言うわけで今回は期待の大作ライラの冒険 黄金の羅針盤を観てきました。
| よしなしごと | 2008/03/31 4:20 AM |
30.ライラの冒険、黄金の羅針盤■原題:TheGoldenCompass■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:112分■鑑賞日:3月16日、渋谷ピカデリー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:クリス・ワイツ□原作:フィリップ・プルマン□製作
| KINTYRE’SDIARY | 2008/04/21 6:16 AM |
今日{/kaeru_fine/}もお休みでしたが、一日の行動と言えば模型店・パソコンショップ、古本屋、書店…(あとビデオの「ウルトラマンメビウス外伝」ってのと「やりすぎコージー」を観たね{/face_ase2/})と、またもや最近の例に倣って不健康&怠惰極まりない感じ{/face_as
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2008/09/10 8:42 PM |