CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 映画「マイ・ブルーベリー・ナイト」 | main | 映画「ノーカントリー」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
映画「魔法にかけられて」
時間調整的に選んだのだが、大正解。 バカにしていてごめんなさい。

ディズニーは自嘲気味にその御伽噺的世界観を揶揄しつつ、「でも悪くないでしょ」と堂々と大手を振っている感じ。 負けました。

お姫様はひょんなことからその世界を飛び出し、現代のニューヨークへやってきてしまう。 おとぎの国しか知らないから、そこではとにかく全ての言動も挙動も、いわゆる 「KY」 な人でしかない。 もちろん 「天然」 だから、見てるこちらは愉快だ。

はた迷惑ではあるが、根っからの善人なので、周囲はあっけに取られながらも影響されてしまう。 

姫を追って来た王子もこれまた「KY」の塊のような人。 見た目も小島よしおみたいでそれだけで笑えるのだが、まあ、いいとこの坊っちゃんを悪乗りさせた感じか。

周囲を巻き込みながらもなんとか二人は再会するのだが、現代に馴染んできた姫は帰ろうとしない。 女性の方が順応力があって、男性はやはり自分のテリトリーに早く帰りたがる。 これ、リアルだわ。

で、最後、お姫様映画の真髄ともいえる「舞踏会」なんかもちゃんと用意されていて、いかにもなディズニーらしさを踏襲するのだが、最後の波乱の後、敵を相手に大活劇を繰り広げるのがなんと姫の方で、私はここにある意味、感動した。 わかってるねえ、ディズニー。

そう、女の子は王子様に守られ、リードされたいのだが、その実、ちゃんと力を秘めていて、いざという時は命がけで戦える強さを持っているのだ。 
そしてその「いざ」は、愛する人を助けたい時…。  

いまどきの女の子は、王子様を待つオトメな気持ちと、自分の力で何かを成し遂げたいという勇ましさ、その両方の気持ちを持っていて、場合によって自分を使い分けたり、そのバランスを理解されなくて苛立ったりする。 
一番の理想は強いワタシを理解して、やりたいようにやらせてくれて、でも、困った時には助けてくれる、そんな懐の深い男性を求めているのだ。

しかしそれには従来型の王子様ではダメだったのね。 小島よしおには残念だったけど、時代は変わっているのだ。

さまざまなパロディが仕掛けられていて、ディズニーファンにはたまらないんでしょうね。 レストラン「ベラ・ノッテ」という名前がわざわざ邦訳スーパーに載ったのが笑った。

それにしてもこの主演女優、アニメのおとぎの国から飛び出てきたような風貌。 チャーミングで悪びれない感じ。 かわいすぎます。 

★★★★
JUGEMテーマ:映画
| movie theater | 22:32 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/487
この記事に対するトラックバック
 『それは、ディズニー史上最も”アリエナイ”魔法。』  コチラの「魔法にかけられて」は、ディスニー映画のお約束をセルフ・パロディしちゃった3/14公開のファンタジー・コメディーなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪  とは言っても、「ライラの冒険 黄
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/04/13 11:26 PM |
JUGEMテーマ:映画 (1から) 『暗闇の女たち』が午後11時20分に終了。 この時間だと電車がないから、せっかくなのでもう一本見ることに。 そこで、mixiのとあるマイミクの日記に「じょ〜いさんはどう評価するか?」という書き込みがあったので、それに乗っ
|            | 2008/04/23 1:55 PM |