CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 映画「ジェイン・オースティンの読書会」 | main | 映画「グエムル-漢江の怪物-」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
震度0 (朝日文庫 よ 15-1)
あの阪神大震災の日、別の場所では別の大事件が起こっていた。 それは県警幹部の失踪。 震災の対応に追われるべき警察という場所で、あろうことか保身と権力のための闘争が繰りひげらていた…。

部下の失踪にあっていながら、自己の面子と保身だけしか頭にない、お偉いサンたち。 権力闘争の話だと分かっていながら、誰一人としていなくなった部下を心配していない人たちが、なんだかアホラシイ。

震災の日に設定したのも、ただ、県警が大揺れに揺れた大事件と思っていたら、それは「事件」ではなかった、揺れていなかった、というオチのためのひっかけで、必要性が感じられない。 
他のことならともかく、阪神大震災って、なんだかものすごく厳粛に語るべき、現代の日本人にとっての大事件だから、必要性が感じられないほどのことに、使って欲しくないというか…。

もちろん横山秀夫の筆力は健在で、綿密な心理描写や、組織内の権力闘争なんかはお手のモノ。 多くの登場人物を的確に書き分け、各々の事情や過去の出来事も見事に挿しはさみ、読み応えはある。

ただ、頻繁に語り手が入れ替わるので、最初のうちはわかりづらいところもあるのは確か。 
JUGEMテーマ:読書
| book | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:29 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/496
この記事に対するトラックバック