CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< KAZUMASA ODA TOUR2008 きっとまたいつか@東京ドーム11月26日 | main | レボリュ−ショナリー・ロード/燃え尽きるまで >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
おくりびと
封切前に予告編を見たときに観たい!と思っていたのに、なかなか映画館への足が遠のいていた時期だったので、行けずにいたのだが、アカデミー賞ノミネートの報を聞いて、いてもたってもいられず観に出かけた。

あぁ、いい映画ですね。 この映画がアメリカの映画賞に認められてノミネートされ、多くの人に日本の映画として紹介され、日本がこういう国だと見られることは素敵なことだと思う。 
ただし、はっきり言って受賞は難しいと私は予想するが。 ラストが作りすぎなんだよねえ。

豊かな四季によって移り変わる自然の荘厳さの中に、ひっそりとしっかりと生活している人々。 日本人の血の中にある、死への厳粛な思いや、文化に根付く様式美。 
外国人から見たら疑問はあろうが、これが日本の文化であると堂々と言いたい。 それに、根底に流れる故人を悼む気持ちに国境はないはずだ。 

主人公はチェロ奏者だったが、所属するオーケストラの解散でやもなく転職活動をするのだが、勘違いから「納棺」業に就いてしまう。 
普通なら「なんで就職しちゃうわけ?」と観客に思われそうだが、素直に就職するところが不自然でない。 この辺に本木雅弘のキャラクターがいかされている。 真面目で潔癖、人のよさや押し出しの強くなさそうな感じ。 納棺という仕事に戸惑いながらも続けそう。

実は冒頭、雪の中、忌中の家へ赴き納棺の仕事を披露するという展開で、まず引き込まれてしまった。 美しいのだ、モックンが。 とにかくこの映画は本木雅弘によって成り立っている。 山崎努もいい、広末もいい、とにかく出演陣がみんないいのだが、とにかく、モックンの端正さに魅せられる。 

ストーリーは納棺の仕事を通して、モックン演じる小林大悟と家族や会社の人間関係を縦軸に、納棺のために訪れる、各故人の家庭のエピソードを横軸に進む。 

私も父が亡くなった時に葬儀屋さんにお世話になった経験はあるが、納棺はもっと全然適当だった。 ホンの数年前だが記憶はあいまいで、でもあんな儀式めいたことはなかったように思う。 
ただその時、「葬儀屋さんというのはいろいろな家庭のウラ事情に精通する面白い仕事だろうな」 と漠然と不謹慎極まりないことを感じたものだ。 
面白いというのはもちろん楽しいという意味ではなく、自分の経験の何倍もの様々な人生を知ることが出来る職業だということで、私は就いたとしても、仕事自体は決して楽しめるものではないに違いない。 だた、ネタの宝庫だろうと思ったのだ。

そしてその通り、この映画で大悟が訪れる各家庭にはそれなりのエピソードが用意されており、死への厳かな気持ちとウラハラな家庭の事情によって、映画は和むのであった。

しかしそれとは逆に深刻なのは主人公と妻との間にあった見えない溝。 オーケストラ時代に、1000万円のチェロを妻に告げずに購入した経験のある大悟は、「言ったら反対するだろう」と言い訳をする人だが、納棺の仕事についても妻には言えずにいた。 これは一見、妻に対する優しさのようでいて、裏切りとも見える。 それとも不信か。

対して妻は、夫の仕事は実は納棺だと知ると、「触らないで、汚らわしい!」と罵る。

そこで考えた。もし夫が (いないけど)納棺の仕事をしていたら? 

実は以前、知り合いが葬儀社でバイトをしようとしたことがあった。 私は特に反対しなかったし、父親の葬儀の時に上に書いたようなことを感じた後だったので「面白いんじゃない?」なんてまた不謹慎なことを言った気するが、確かに「えーーーー信じられない!! やめなよ!」と言った者もいたなあ。 結局その人は葬儀社が不規則な時間帯での仕事だと知り、諦めたが・・・。

死は汚らわしいか。 死に接する仕事はおぞましいか。 
もちろん命が絶える事は悲しいし、死ぬことは怖い。 
しかし、誰もが迎える死というものを、汚らわしいと避けることが正しいとは到底思えない。 人は誰しも死ぬ。 死に正対して受け入れることが死者に対する誠実さであり、思いを残さずに見送ることで、生者は明日からまた自分の人生を歩んでいけるのだ。 
そして、生命には限りがある、だから無駄にするな、人生を粗末にするな、そう思えるのではないだろうか。

かくして大悟と妻は、幼馴染の母親である銭湯の女将さんを大悟が送るところを妻がその目で見たことによって、なし崩し的に仲直りを果たす。 やっぱり実際に見てみないとわからないものだ、ということなのか。

最後の大悟父のエピソードについては、このあたりに邦画の安っぽさが出てしまったと私なんかは思うのだが、あそこでホロっと来た御仁も大勢いることだろう。 しかしいくら息子との思い出の石だからといって、握って死んでいるとは到底リアリティを感じられない。 蛇足であった。

JUGEMテーマ:映画

| movie theater | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:52 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/505
この記事に対するトラックバック