CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< KAZUMASA ODA TOUR 2014-2015「本日、小田日和」最終日 2015.03.18@横浜アリーナ | main | SING LIKE TALKING Premium Live 27/30 2015.10.12@人見記念講堂 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SING LIKE TALKING「The Sonic Boom Tour 2015」2015.05.22@NHKホール

シングライクトーキングは、古い曲なら歌詞カードなしで歌えるほど万全だけど、新しめは自信がなかったので、「Anthology」を聴きこんで予習しておいた。おかげでパーフェクトに楽しめた。

「Anthology」を聴いていて思ったことは、竹善さんは昔から歌がうまいと思っていたのに、新しい曲になればなるほど、歌唱力が増しているということだ。そしてそれは今回、ナマで聴いても、同じように思えたことは驚きだ。一時期、高い音が出なくなってきたのでは?と思ったときがあったが、今回はまったく不安がなかった。声量、安定感、音域の広さ、どれをとってもすばらしく、まさしく聞き惚れました。

JUGEMテーマ:音楽

 
曲目のラインナップもすばらしく、ある時はディスコ状態、ある時はじっくりと聴かせ、とにかく最高に楽しかった。
私は2F席だったが、ふつうに隅々まで盛り上がっていた。上から見ると、特に右側の最前列周辺、西村さんの前あたりが、特に異様な盛り上がりで楽しそうだった。

去年の舞浜のとき、ちょうど元さんが出れなくて、今回めでたく復活してうれしい。バンドメンバー紹介のときの、元さんの紹介のあとの拍手の長さ!みんなが元さんを待ってたのだ。竹善さんがしゃべり始めなかったら、まだまだ続いていそうな勢いの拍手だった。

シングライクの面々ももう52歳なんだそうだ。自分の年齢から考えても当たり前なのだが、三人とも若く見えるのでちょっとおどろいていしまった。「ミュージシャンとしては晩年だけど、みんな先輩が元気だから」といってスタレビの要さんと小田さんの話。
「小田さんも、もーーおわりーだねー(と一節歌い、)と言いながら全然終わらないからね」
「オレこの前ついに聞いちゃったもん、小田さん年金もらってんの?って」(爆)

相変わらずMCは長く、でも楽しい。「ツアー当初3時間5分だったライブの時間がどんどん長くなり最近は3時間半になった。曲数は変わってないのに」とのこと。実際、この日も3時間半だったけど、全然長く思わない。むしろもっとやって欲しいと思うくらい。しいていえば、開始時間をもっと早くしてくれたほうがいいんですけど。終わって10時半って、もっとやってとは言い難い。オールナイトライブの話もあがったが「この人(西村さん)が寝ちゃうから」と却下。ざんねん。
アンコールで「いろんなところにニップレスが仕込んであるんだけど、こういうことをするのは隣にいる人」とSALTが犯人であることが判明。しかしそういう竹善さんもSALTの紹介の時に、SALTのピアノ番組の教則本を足元に置いてあったりして、相変わらず仲良しなふたりなのであった。

特筆すべきはドラムの天倉さん。竹善さんの紹介以後、ドラムが気になってしまい、でももちろん悪目立ちなんかじゃぜんぜんなくて、すばらしかった。SALTのピアノがただの伴奏ではないように、天倉さんのドラムもリズムを刻むだけじゃないということがわかる。
あーそういえばベースの松原秀樹さんだが、ジャニーズ時代、マッチの名付け親だったことが判明。

春女ちゃんは、春女ちゃんは、すばらしいけど。。。今回はコーラス担当でなくツインボーカル的な存在としてフューチャーしてると竹善さんも言ってたけど。。。あくまで私の個人的な好みだけど。。。春女ちゃんはコーラスにもったいない、というか。うますぎるというか。単独で聴きたいというか。ごめんなさーい。
とにかく今回、竹善さんの歌声がものすごくよかったので、集中したかったの。

LALALAの時だったか?「リンゴ追分」を入れ込んで来て、またそのウマさにぞわぞわした。なにを歌ってもうまいって本当にうまいんですよね。POPSうまくても、演歌が歌えない人もいるからねえ。

セットリスト最後「Utopia」まで歌って終わったのでした。ここまで来たら「Ifeel Coke」も聴きたいと思ってしまうのでした。てへ。


BAND:松原秀樹(Bass)、塩谷哲(Piano)、大儀見元(Percussion)、天倉正敬(Drums)、露崎春女(Chorus)



 
| concert | 14:35 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:35 | - | - |