CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 山下達郎PERFORMANCE 2019 リベンジの渋谷公会堂LINE CUBE SHIBUYA 2019.11.12 | main |
TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING 2020/7/30

ここまでやってくださったことにただただ感謝。

 

今までずっと映像化を断ってきた達郎さんが、今のコロナ禍の中で、ファンに対してここまで提示してくれたことにまず感謝します。そしてまた、そのクオリティの高さにも脱帽します。感動しました。

 

私も何度か生配信というものを視聴したことはありますが、言われてみれば、ナマである必要はあるのかっていうと、音楽ライブにおいてはクオリティを追求するならば、必要ないのかもしれないですね。アクシデントやその場の勢いを楽しむものとは一線を画すというか。いろいろ方向性はありましょうが、達郎さんのライブのような、ものすごい高いクオリティのライブを収録しているのであれば、この方法がいちばんいいんだな、と得心。

しかもラジオによれば、リミックスリマスタをすると言っていたので、ライブ収録以上の音になっているのだが、アコースティックライブでもパーカッションが入っていたりして、あれはかなり足したんだと思う。さすがこだわりの人。。。

 

JUGEMテーマ:音楽

では達郎さんの事前のコメントを貼らせていただきます。

 

「キャリア45年。私は今まで、⾃分のライブ映像を映画館以外で公開したことがありません。テレビに乗せたこともありませんでした。しかし、とんでもない時代が訪れ、我々エンタの世界は深刻な危機にさらされています。どんなにライブをやりたくてもやれない。しかも、いつまで続くかも分からない。再びリアル・ライブができるようになるまでのあいだ、違う可能性を必死で探さなくてはなりません。ならば、パソコン、スマホなど、ネットを介してのヴァーチャルなライブ活動を模索しよう、今までのリアルなライブ体験にどこまで⾁薄できるか、どこまで再現できるか、果敢に挑戦しようと思います。最初は試⾏錯誤でも、とにかく前に進まねばなりません。ヴァーチャル・ライブを敢⾏する上で、⼀番重視したのは、⾳質のクオリティと配信のセキュリティーです。その点で、最も信頼できるシステムを構築してくれたMUSIC/SLASHの⼒を借りて、まずは始めてみます。皆さんのおいでをお待ちしています」

 

ターナーの汽罐車

あまく危険な香り

砂の女

希望という名の光

SINCE I FEEL FOR YOU

WHAT'S GOING ON

(以上 山下達郎Acoustic Live 2018.3.17 京都拾得)

 

ハイティーン・ブギ

SPARCLE

BOMBER

硝子の少年

アトムの子

恋のブギ・ウギ・トレイン

さよなら夏の日

(以上 氣志團万博2017 2017.9.17 袖ヶ浦海浜公園)

 

SO MUCH IN LOVE

(以上 山下達郎PERFORMANCE1988 1988.10.9)

 

プラスティック・ラブ

(これだけメモれなかった 確か中野1988年)

| concert | 15:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:00 | - | - |