CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Click here!



RECOMMEND
RECOMMEND
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
TODAY'S NEWS
Powered by RSSリスティング
SPONSORED LINKS

Fluctuat nec mergitur


<< 日本シリーズ第2戦 | main | 日本シリーズ第4・5戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
日本シリーズ第3戦
野球 雨 今日は台風で中止なんですね。よかったよかった。

しかし、昨日の試合は恐かったぁ。 どうなるか全く先が見えない展開で、ハラハラしっぱなし。 伊東監督は本当にプレーオフでこんな試合展開に慣れたのかっ!? 私は耐えられない。 勝ててよかったけど、本当にギリギリのところで、偶然勝てているだけだ。

長田投手が打たれた満塁弾。 中継の解説陣も野田のリードに疑問符をつけていたが、それにしても、NHKに出た広沢の「愛のないリード」という言葉があまりに冷たい。 それこそ「愛のない」解説。 それに引き換えフジすぽるとに出た古田選手の、キャッチャーから見たあのリードについての解説。 あまりにわかりやすくてありがたかった。 またまた古田選手が好きになる。

さて、困ったのは、なかじのエラーだよねえ。 と思っていたらこの記事。
産経新聞

≪2失策に喜び半分≫

 五回にシリーズ初本塁打を放った西武の中島だが、2失策に反省しきり。特に六回は荒木の遊ゴロをはじいて大量失点のきっかけをつくっただけに、「(守っていて)投手の配球とか考えてしまって…。慎重になりすぎた」。それでも、七回に逆転劇の口火となる左翼線二塁打。バットで勝利に貢献し、「勝ててよかった」と、最後は笑顔が戻った。

だがしかし
毎日新聞

○…西武の中島は、シーソーゲームを象徴するかのように天国と地獄の気分を行き来した。三回に失策し、その裏の第1打席は三振。「ガラにもなく配球なんか考えていたら思い切り振れなくて」。切り替えて五回にシリーズ初アーチ。

「配球考えて」失敗したのは守備か打撃か?? 
結構いい加減だね、取材屋さん。
でもなー、守備のエラーはホームランでは埋められないよ。 ピッチャーに影響しちゃうからね、2戦のダイスケくんみたいにさ。 
それでも、なかじ、がんばれ〜。 
| Baseball | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |











http://mambotaxi.jugem.cc/trackback/89
この記事に対するトラックバック